National Park



 アメリカには広大な大地の各地にNational Parkが広がる。日本のものとは異なり、(1)大自然が広がる、(2)容易に動物に会える、(3)管理が非常に行き届いている、等の特徴がある。

歴史:1864年 Yosemite SPとして認定される。1872年 Yellowstone NPが世界でも最初のNPに認定される。1890年 Sequoia NP, Yosemite NPが認定される。1906年 古物保存法の制定。1916年 国立公園局設置法。 1933年 National Park Serviceが運営を行うことになる。1956 Mission’66の制定で、NPの管理が徹底される。1964 Wilderness法の制定。

略語:National Park Serviceが運営している施設はNational Parkだけでは無い。以下の施設が含まれる。
IHS=International Historic Site, NB=National Battlefield Park, NBP=National Battlefield Park, NBS=National Battlefield Site, NHP=National Historical Park, NHP and PRES=National Historical Park and Preserve, NH RES=National Historical Reserve, NHS=National Historic Site, NL=National Lakeshore, NM=National Monument, NM and PRES=National Monument and Preserve, NMP=National Millitary Park, N MEM=National Memorial, NP=National Park, N and SP=National and State Park, NP and PRES=National Park and Preserve, N PRES=National Preserve, NR=National River, NRA=National Recretiona Area, NRR=National Recretional River, NRRA=National River and Recretion Area, N RES=National Reserve, NS=National Seashore, NSR=National Scenic River/Riverway, NST=National Scenic Trail, PKWY=Parkway, SRR=Scenic and Recretional River, WR=Wild River, WSR=Wild and Scenic River

 これを見てみると、いかにNational Park Serviceが管理している施設が多いことに気づかされるであろう。大きく分けると、NPなどの大自然、NHSなどの偉人の業績を讃えるもの、NBなどの戦争の歴史、そしてIndianなどの先住民の歴史を伝えるものに分類される。

 NP訪問セット:マニュアル、年間パスポート($50, AAAで$49)、スタンプ帳は必携である。


 このNational Park巡りは、私のアメリカでのお気に入りの一つになっている。ここでは、私の訪れたNational Park(関連施設も含む)を紹介したい。(赤い点クリックすると、それぞれの項目にとびます。また写真をクリックすると、その時の旅行記にとびます。


Grand Canyon NP Yosemite NP Yellowstone NP Grand Teton NP Kings Canyon NP Sequoia NP Mammoth Cave NP Cuyahoga Valley NP Dayton Aviation Heritage NHP Ablaham Lincoln Birthplace NHS Cedar Breaks NM Zion NP Bryce Canyon NP Arches NP Canyonlands NP Natural Bridges NM Canyon de Chelly NM Petrified Forest NP Monument Valley Meteor Crater Walnut Canyon NM Wupatki NM & Sunset Crater Volcano NM Everglades NP Biscayne NP Fort Pulaski NM Dinosaur NM Lake Mead NRA Great Smoky Mountains NP Blue Ridge Parkway New River Gorge NR Gauley River NRA Washington DC area Manassas NBP Shenandoah NP Appalachian NST James A. Garfield NHS Hopewell Culture NHS New Bedford Whaling NHP Cape Cod NS Theodore Roosevelt NP Glacier NP Little Bighorn Battlefield NM Devils Tower NM Jewel Cave NM Badlands NP Mount Rushmore NM Windcave NP New York area Perry's Victory and International Peace Memorial Allegheney Portage Railroad NHS Gettysburg NBP Steamtown NHS Upper Delaware SRR Delaware Water Gap NRA Philadelphia Area Assateague Island NS Fort McHenry NM Richmond NBP Chesapeake and Ohio Canal  NHP Harpers Ferry NHP Monocacy NB Antietam NB Colorado NM Jefferson National Expansion Monument Aztec Ruins NM Chaco Cultures NM San Francisco Area Muir Woods NM Point Reyes NS Boston Area Salem Maritime NHS Lowell NHP Minute Man NHP Fort Necessity NB Cape Hatteras NS Colonial NHP Wright Brothers NM Fort Raleigh NHS Sagamore Hill NHS Fire Island NS Fort De Soto NM Sleeping Bear NL Saint Gaudens NHS Fort Stanwix NM First Ladies NHS Castillo De San Marcos NM Fort Matanzas NM Indiana Dunce NL Pictured Rocks NL Kenai Fjords NP Denali NP Fort Sumter NM Congaree NP Hampton NHS Women's Rights NHS Rocky Mountain NP Great Sand Dunes NP Mesa Verde NP Florissant Fossil Beds NM Curecanti NRA Black Canyon of the Gunnison New Orleans Jazz NHS Gulf Islands NS Jean Lafitte NHP and PRES Death Valley NP Glen Canyon NRA Martin Luther King Jr. NHS Hot Springs NP Apostle Islands NL Guilford Courthouse NMP Nutchez Trace Parkway Chickamauga and Chattanooga NMP North Cascades NP Redwood NP Lava Beds NM Lassen Volcanic NP Crater Lake NP Bandelier NM Cabrillo NM Joshua Tree NP
No.
Place
State
Coments
1

Grand Canyon NP
(2001.11)

Grand Canyon NP
(2002.7)


Grand Canyon NP
(2002.12)


Grand Canyon NP
(2008.3)


Grand Canyon NP
(2012.4)


Grand Canyon NP
(2016.3)

AZ

 National Parkの中でYosemite NPGrand Canyonは一番人気のある所だが、広大さ・混雑度という点からいっても、アメリカ一のNational Parkであると思う。私も、North Rim, South Rim含めて、合計3回も訪れてしまった。アメリカにいるならば、一度は訪れるべきNational Parkであろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
やはり人気のシーズンは夏であろう。しかし、相当の混雑が予想されるのと、夏の暑さの厳しさを考えると、他の季節を考慮するのがいいと思う。特に、Colorado Riverへのハイキングを考慮されている方は、絶対に夏は避けるべきであろう。3月下旬は静かで、気温も適当であった。
(2)場所 お勧めはSouth Rimからであろう。車で移動しながら、West Rim, East Rimと、移り行く景色を楽しむとよいだろう。一方、North RimはSouth Rimに比べると、迫力は負けるが、静けさを好む方にはいいと思う。
(3)宿泊 South RimのMaswik Lodge, Yavapai Lodge、North RimのGrand Canyon Lodgeに宿泊した。予約は必須で、インターネットで簡単に空室状況・予約をすることが出来る(ここ)。人気があるといっても、部屋数は多いので、必ずキャンセルはある。4〜2週間前から毎日こまめにチェックしておけば、宿泊は可能であると思う。11月に行った時は、全く予約無しで乗り込んでいったが、Maswik Lodgeに泊まることが出来た。また、知り合いに聞いた話では、North Rimでのキャンプは良かったということ。
Southのキャンプ場は、インターネットで予約することが出来る。
(4)食事  South RimのMaswik Lodge, Yavapai Lodgeには、カフェテリアがあるので、値段をあまり気にせずに食事をすることが出来る。North RimのRestaurantは高いが、それだけのものはあると思う。絶対に予約した方がいい。
(5)ハイキング Colorado Riverへ下りずして、Grand Canyonへ行ったとは、言えないと個人的には思っている、、、それぐらい素晴らしい経験をすることが出来る。Bright Angel TrailからPhantom Ranch、South Kaibab Trailと歩くコースはお勧めだ。(追記:逆コースが一般的のようだ。)特にSouth Kaibabの中間点付近は、まるで西部劇の舞台にいるようだ。決して、上からでは想像出来ない景色を見る事が出来る。人によっては、逆コースがいいという人も多いと思うが、個々の力量、スタイルに合わせて選択すればいいと思う。ただし、渓谷内は午後には相当気温が上昇するので、早出(出来れば日の出前)して涼しいうちに距離を稼いでおきたいところ。ゆっくりしたい向きには、Phantom Runchでの宿泊がいいと思う(予約は厳しいとは聞いているが)。ちなみにこの予約はメールで出来るのだが、予約が出来なかった場合は、朝キャンセル分をおさえるという方法もある。変わった趣向として、最近ウエストリムをサイクリングするサービスが始まったそうだ。
(6)朝日、夕日 上からの光では、Canyonの凹凸が判りにくいが、朝日、夕日はCanyonのひだを強調してくれるので、迫力が全く異なる。これを見ずして帰るのは、もったいなすぎる。
(7)スターウオッチング Grand Canyon周辺には、全く大都市が無い。また標高も高く、空気も澄んでいるため、壮大な天の川を見ることが出来る。夕日を見た後、そのまま天体観測をすれば、また違ったGrand Canyonを感じることが出来るだろう。South RimのVillageには明かりがあって見えないので、West RimのHopi Pointあたりで夕日を見た後、歩いて帰ってくるといいだろう。(ヘッドランプは持っていこう。)

2

Cedar Breaks NM
(2002.7)
UT
 小さい版、Bryce Canyonといった感じ。規模的には小さい。Bryce Canyon等と違って、標高が高いので、寒さへの注意がいる。個人的には、この近くに車で山頂まで行ける『Bryan Head (3446m)』があり、ここからの景色は印象的であった。
3

Bryce Canyon NP
(2002.7)
UT

 Bryce Canyonの魅力は、侵食が織り成す岩の造形美であろう。Grand Canyonのような広大さ、壮大さを期待して行くと(私がそうであった)、期待はずれになるだろう。よく目をこらせば、東方には集落らしきものも見える。だから、リム沿いにただ見物するだけなら、ここの魅力を十分に感じ取ったといえないと思う。少しでもいいから、トレイルを歩いてみよう。繊細な岩肌の表情をを下から存分に見上げると、また違ったBryce Canyonが感じ取れると思う。

楽しみ方のコツ
(1)季節 我々の行ったのは夏であり、非常に暑かったが、長いトレールは無いので、季節を通じて楽しめると思う。
(2)宿泊 園内には1軒だけしか宿泊施設は無い。これもインターネットで予約が可能だ(ここ)。近隣には何軒かモーテルがあるので、これを利用するといいだろう。キャンプも楽しいとは聞くのだが、リムからは少し離れているので、食指は湧かない。
(3)ハイキング ここの魅力は歩いて楽しむことにあると確信する。Sunrise PointからBryce Pointまで歩いて見ることをお勧めする。いろいろな岩、色を見ることが出来るだろう。また、岩の色の美しさは上回るので、Red Canyonに寄るのもいいと思う。

4


Zion NP (2002.7)


Zion NP (2002.12)

Zion NP(2003.12)


Zion NP(2008.3)

Zion NP(2012.3)

UT

 Zionの魅力は迫力ある岩の造形美であろう。いろいろな表情を示す岩を、いろいろな方向から、感じとると楽しいであろう。

楽しみ方のコツ

(1)季節 夏および冬に行ったのだが、やはり夏は相当の暑さを覚悟しておかなければいけないであろう。華氏100度を越えて、あおいでも暑いだけであった。この温度の中でトレイルを歩くのは、非常にハードなので、少し時期を避けた方がいいと思う。冬は人影もまばらだが、逆に積雪があるので、本格的なトレールを歩くのは経験者でないと危険だと思う。簡単なトレールは可能である。日本で売っている4本爪アイゼンがあれば、楽勝。ベストシーズンは春または秋であろうか。
(2)場所 Zionは大きく分けて、Zion Canyon, Zion-Mt. Carmel Highway, Kolob Canyonの3つのセクションに分けられる。それぞれの岩の雰囲気は全く異なるので、それぞれを楽しめるであろう。特に前者2つは、是非訪れて欲しい所だ。Zion-Mt. Carmel Highwayは狭い道で、岩の間を縫うように進んでいく。助手席に座ることをお勧めする。Zion Canyonは、シャトルバスでの移動になろう。Kolobは、Highwayからすぐなので、休息がてら寄るといいだろう。
(3)宿泊 South Entranceを出てすぐの所には、数多くのモーテルが並んでいる。一方、園内には一軒のホテルしか無いが、雰囲気は非常にいいので、是非泊まってみたいものだ。予約はここも、インターネットで可能だ(ここ)。夏は非常に困難であるが、冬は結構空いていた。キャンプ場もインターネットで予約することが出来る。
(4)ハイキング 少しでもいいので、是非歩いてみたいものだ。30分でも1時間でもいいので、歩いてみたら、また違った風景を見ることが出来るであろう。また少し本格的になるが、人気のAngels Landing, Observation Point, East Rim Trail〜Kolobなど、今度行く時は歩いて(走って)みたいものだ。個人的には、Angel LandingよりもOnservation Pointの方がいいと思う。

5


Yellowstone NP
(2002.8)

Yellowstone NP
(2004.7)


Yellowstone NP
(2012.6)

Yellowatone NP
(2013.7)

WY
 簡単に言葉で表すことが出来るNational Parkもあるが、Yellowstoneはいろいろな表情を見せるエリアが多く、NPの中でも、一番見所のあるものであると思う。Geyser Country, Mammoth Country, Roosevelt Country, Canyon Country, Lake Countryと5つのセクションに分けられるが、それぞれが一つのNPに匹敵するものである。いいかえれば、一度に5つのNPを回るぐらいの感じなので、十分に計画をたてて、ゆっくり楽しみたい所だ。

楽しみ方のコツ

(1)季節 季節を通じて楽しめると思うが、やはり人気は夏であろう。晩夏になると、相当冷え込んだり、雪が降ったりするので、初夏がいいであろう。
(2)場所 とてつもなく大きい公園であるが、それぞれに風景が全く異なるので、見所が多い。最低でも3日はみておきたい。Old Faithfulだけで帰ってしまうのは、あまりにももったいない。
(3)宿泊 公園外に出ればたくさん宿泊施設はあるのだが、公園内までの往復の時間を考えると、何としても公園内に宿泊したいものだ。特にOld Faithfulで見る夕焼けは素晴らしいものがある。ここもインターネットで予約が可能だ(ここ)。人気のNational Parkなので、すぐに予約が一杯になってしまうが、キャンセルもあるので、毎日こまめにチェックしていれば宿泊は可能であろう。我々はOld Faithful InnとOld Faithful Snow Lodgeにそれぞれ2泊ずつしたが、質としては後者の方が断然上である。ここでのキャンプの経験はまだ無いが、大自然の中でのキャンプは、素晴らしいものであろう。
(4)食事 それぞれの宿泊施設で摂ることが出来る。ただ、出来ればお昼ご飯は大自然の中でゆっくりランチとしゃれこみたいところだ。
(5)ハイキング トレールもいくつかあるし、Wilderness areaに踏み込むことも可能だ。NP入り口でもらえる地図では情報が少なすぎるので、あらかじめ調べておくか、Visitor Centerなどでトレイルガイドを入手しておこう。ただ、熊に対する注意は必要だ。Mt. Washburnのトレイルヘッドは、車で一杯であった。
(6)サイクリング ループは車も多い上に道幅が狭いので、ロードレーサー以外は苦労するであろう。しかし、行き止まりとなった道などでは、快適なサイクリングを楽しむことが出来るであろう。
(7)温泉  Gardiner近くのBoiling Riverに露天風呂がある。またNP内ではないのだが、周辺のChicoやBozemanなどに温泉施設が充実しているので、それを含めた計画にするといいだろう。
(8)動物 Hayden Valleyでは必ずBuffaloの群れに遭遇できるであろう。また、夕暮れ時のWest Thumbでは雌エルクの群れに会える可能性が高い。
6


Grand Teton NP
(2002.8)

Grand Teton NP
(2004.7)

Grand Teton NP
(2013.9)

WY
 山の多い日本から来た我々にとって、やはり、山の風景は和むものである。その中でも、北アルプス・穂高岳のようなイメージのある、Grand Tetonは、山登りを一度でもしたことのある人間なら、むらむらと登攀意欲をかきたてられることであろう。一方、氷河から溶け出た水は、澄んだ湖、川を作る。Tetonは山と水の本当に美しいNPだ。

楽しみ方のコツ

(1)季節 季節を通じて楽しめると思うが、冬はスキー場がある関係で、宿泊も高くなるので、お勧めは初夏であろうか。ただし、夏場の午後は雷雨になる可能性が高い。
(2)場所 こじんまりとしたエリアで、山脈の西側で楽しむのが一般的であろう。慣れてくると、公園内部でキャンプするといいだろう。
(3)宿泊 アメリカでも人気のNPであるので、ここも夏のシーズンの宿泊は厳しいであろう。インターネットでの予約が可能だが(ここ)、空いていたことは無い。町からのアクセスもいいので、高級リゾート地という印象が強く、超人気のエリアだ。キャンプ場、特にJenny LakeとSignal Mtnはいつも一杯だそうだが、午前中(朝)に入ってしまえば、必ず泊まれるようだ。
(4)食事 各宿泊施設には、食事が出来る所があり、キャンプ場には、General Storeもある。Jacksonまで行けば、店はたくさんあるし、大きなスーパーマーケットもある。水の豊かな国であるためか、野菜の種類が非常に多いのが印象的であった。
(5)ハイキング 山脈の西側だけでも楽しめるが、本当の静けさを感じたいならば、山脈の東側へのトレイルを歩いてみたいものだ。楽をしたい人には、スキー場のロープウエイを使用して登って、歩いて下りてくることも可能だ。お花畑は凄い。
(6)サイクリング Jacksonに本格的なレンタルサイクル屋さんがあることもあり、園内には多くのレンタルロードレーサーを見かける。ループが多いので、一日楽しめるであろう。
(7)水遊び ラフティングや、カヌーのツアーがたくさんあるようだ。水の美しい所なので、是非参加するといいだろう。
(8)朝日、夕日 Jenny Lakeでキャンプしている時に見た朝日・夕日は素晴らしいものであった。
(9)動物 朝夕のOxbow Bendには多くの動物が集まってくるので、必ず立ち寄ってみよう。周辺のハイキングでも、熊に会える可能性は高い。
7

Canyonlands NP
(2002.12)
UT

 Archesの人気に比べると、訪れる人も少ないのがCanyonlands NPである。しかし、広大さという点では、Grand Canyonに負けない大きさがある。地球の侵食をまざまざと感じることが出来る。

楽しみ方のコツ

(1)季節 我々は冬に行ったのだが、正解であるかもしれない。やはり夏は暑さへの対策が必要であろう。
(2)場所 Grand View Point Overlookへのアプローチが一番人気であろう。しかし、Needlesもいいと思う。そして、これら舗装路だけでは無く、未舗装路へ入っていくと、本当のCanyonlandsを感じ取れるのであろう。
(3)宿泊 園内に宿泊施設は無いので、Moabの町ということになる。ここには、安いモーテルがたくさんある。また、この広大な台地でのキャンプは、物凄い星空を期待出来るであろう。
(4)食事  Moabの町に行けば、中華料理などもあった。もちろん、大きなスーパーもある。
(5)ハイキング 車からすぐの距離ならば、Mesa Archがある。しかし、この他にはあるにはあるが、暑さもあり、厳しいものがあるだろう。4WD道路を、マウンテンバイクでツーリング、というのが面白いのではないだろうか。

8

Arches NP
(2002.12)


Arches NP
(2007.6)
UT

 知り合いに、『Archesは見ごたえがあるよ』と言われていたのだが、正にその通りであった。車で観光できるNPが多い中で、ここは歩いてアプローチする場所が多い。そのため、岩の造形をそれぞれ見ようと思えば、最低2日はいると思う。

楽しみ方のコツ

(1)季節 我々は夏・冬に行ったのだが、夏は地獄のように暑い。余分に水を持って行く必用があるであろう。
(2)場所 Balanced Rock、遠くからDelicate Archを眺めるだけで帰ってしまうのは、ここに来た意味が無いと思う。一つ一つのArchにじっくり時間をかけて歩いて見るべきであろう。Devils Gardenはお勧めである。
(3)宿泊 園内に宿泊施設は無い。Moabの町に安いモーテルがたくさんある。キャンプ場もあるのだが、サイト数は少ないので、確保は厳しいであろう。
(4)食事  Moabの町に行けば、中華料理などもあった。もちろん、大きなスーパーもある。
(5)ハイキング 人気のDelicate Archへのハイキングはお勧め。Delicate Archも凄いが、途中のトレイルからの眺めが素晴らしい。また、Devils GardenLandscape Archも素晴らしかった。一つ一つが結構時間がかかるので、時間に余裕を持っておこう。
(6)朝日、夕日 Dlicate Archは朝に行ったのだが、夕方の方が美しいであろう。ただ、いずれにしろ、朝方、夕方は、光の加減が非常に美しく、岩の赤さが映えるので、是非逃すべきではないだろう。だからこそ、キャンプ場は人気があるのであろう。  

9

Wupatki NM
(2002.12)
AZ
 Wupatkiは、事前に調べておかなければ、通り過ぎてしまうような小さいNational Monumentである。ここには、荒涼とした大地に湧き水が湧いており、それを求めて出来たIndianの集落が残されている。アメリカの歴史に興味があれば、是非立ち寄るといいだろう。

楽しみ方のコツ

(1)場所 見学自体には時間はかからないので、うまく日程をあわせて、他のNP巡りの途中に休憩がてら立ち寄るといいのではないだろうか。US-89から30分弱で着く。
10

Sunset Crater Volcano
NM (2002.12)


Sunset Crater Volcano
NM (2012.4)
AZ
 Wupatkiの荒涼とした風景とは一転して、日本的な針葉樹、火山地帯の風景が広がる。それが、Sunset Crator Volcano NMだ。800年前まで活火山であったという。溶岩流の跡もある。

楽しみ方のコツ
 
(1)場所 ここも見学自体には時間はかからないので、うまく日程を合わせて立ち寄りたい所だ。
11


Walnut Canyon NM
(2002.12)

Walnut Canyon NM
(2012.4)

AZ
 FlagstaffからI-40を東に走れば、20分程で到着するWalnut Canyon NMもIndianの住居の跡である。9のWupatkiとは異なり、ここは、谷底の水を求めて集落が出来た。断層の岩を利用して、うまく雨を避ける仕組みになっている。Mesa Verde NPにはまだ行ったことが無いのだが、小さい版Mesa Verdeといった感じ。

楽しみ方のコツ

(1)季節 我々は冬に行ったのだが、残念ながら降雪後であったため、Island Trailが閉鎖されていた。ただし、夏であればFlagstaff周辺は華氏100度は越えるようだ。
(2)場所 見学自体にはあまり時間はかからず、高速道路からのアクセスもいいので、うまく日程を合わせて立ち寄るといだろう。
(3)ハイキング Rim TrailとIsland Trailがある。是非Island Trailを歩いてみよう。
12

Mammoth Cave NP
(2003.5)


Mammoth Cave NP
(2003.8)


Mammoth Cave NP
(2009.4)
KY

 世界最大の洞窟がアメリカにはある。それが、Mammoth Cave NPだ。主だったNPが西部にあるのに対し、中央部にあるので、いろいろな所から結構人が集まってくる。あまり日本ではなじみが薄いが、是非ケーブツアーに参加してみよう。また、Green Riverでカヌーを楽しむのもいいだろう。

楽しみ方のコツ

(1)季節 洞窟内は年中気温が一定なので、いつ行ってもいいだろう。しかし、夏は結構混雑するようだ。
(2)場所 中心はやはりVisitor Centerであろう。全てのCave Tourはここから出発する。Green Riverをはさんで、Visitor Centerの西側にも公園が広がる。Backpacking trailがあるようだが、景色はあまりよくない。
(3)宿泊 公園内にはホテルがある。予約はここ。また周辺には安いモーテルがある。Visitor Center近くのキャンプ場は、静かで雰囲気はいい。ただ、6月は蚊が多いので、虫除けは必携。キャンプ場の予約はNational Park Serviceで、インターネットで出来る。事前予約が一杯になることはないのだが、夏の週末は一杯になるようだ。
(4)食事  Kentuckyで注意したいのは、日曜日にはお酒が買えないということだ。それも、アルコール類は、Bowling Greenまで行かないと手に入らない。あらかじめ、用意しておこう。
(5)ハイキング 緑の中のハイキングコースもいくつかある。 
(6)ケーブツアー 現在、8つのツアーがある。ケーブツアーの概要はここ。人気はHistolic TourとFrozen Niagara Tourだ。両方に参加してみたが、Histolic Tourは、非常に面白かった。Frozen Niagaraは少し物足りなかった。健脚向きには、Grand Avenue Tourがいいだろう。そして、もっとアクティブな人には、Wild Cave Tourがお勧め。日本では考えられない体験が出来るであろう。予約は全てインターネットで可能だ。Wild Cave Tour以外は、いつでも空いているようだ。しかし、休日は一杯になったり、時間待ちをする必要があるようなので、日程が決まり次第、予約しておこう。一方、Wild Cave Tourは一杯になる可能性が高い。特に土曜日のツアーはすぐに一杯になるので、早めの予約が必用だ。予約はこれもNational Park Serviceで、インターネットで出来る。
(7)カヌー National Parkの真ん中を、ゆっくりとGreen Riverが流れている。澄んだ水ではないが、両岸はWilderness Areaなので、静かなパドリングを楽しむことが出来る。レンタル会社は2つある。Green River CanoeingMammoth Cave Canoe & Kayak
(8)時間  注意しておきたいのが、Mammoth CaveはCentral Time Zone(CTZ)を採用している点だ。予約した時間に遅れることの無いようにしたい。

13

Ablaham Lincoln
Birthplace NHS
(2003.5)


Ablaham Lincoln
Birthplace NHS
(2009.4)
KY
 Ablaham Lincolnは、アメリカ歴代大統領の中で一番人気のある大統領だ。その生家である丸太小屋は、『ここまでするか』と思うくらい、厳重に保存されている。それだけ、アメリカ国民の彼に対する思い入れは激しいのであろう。

楽しみ方のコツ

(1)場所 見学自体は丸太小屋があるだけなので、すぐに済んでしまう。12のMammoth Cave NPに近いので、これと一緒に行くなどすればいいであろう。
14

New River Gorge NR
(2003.5)
WV

 West Virginiaは、山あり谷ありの美しい州だが、州の南部にはNational Riverに指定されているNew Riverがある。ラフティングが盛んな所だ。もともとは、この渓谷沿いに石炭が多く産出されたらしいが、今は採掘をやめて緑に覆われている。見所といえば、世界最長のアーチ橋があるくらいなのだが、ラフティングをして一日過ごすのもいいのではないだろうか。

楽しみ方のコツ

(1)季節 秋よりも春の方が水量も多くいいようだ。ただ、4月は雪解け水なので、少々冷たいと思う。
(2)場所 Upper NewとLowr Newと呼ばれる部分が、最も人気のある所。Upperは非常に易しい。LowerにはClass Vがいくつかある。
(3)業者 非常に人気のある所なので、多くの業者がある。我々の利用したNew & Gauley River Adventuresは、 小さい業者であるが故に、小回りが効いて安くしてくれるので、リピーターになってしまった。

15

Dayton Aviation
Heritage NHP
(2003.7)
OH
 アメリカの偉大な発明家といえば、ライト兄弟が挙げられよう。そのライト兄弟の自転車屋さんは、National Historical Placeに指定されている。

楽しみ方のコツ

(1)場所 オハイオ州の真ん中にある州都コロンバスから、西に1時間走った所にある。US Air Force Museumとセットで訪れるといいのではないだろうか。周辺には、他にはこれといった観光地は無い。
16

Sequoia NP
(2003.8)
CA

 シエラネバダ山脈では、太平洋からの水分の恵みによって、樹齢2000年をも越える巨木を育んできた。その一つが、Sequoia NPである。昔は伐採などもあったのだが、現在はNP serviceによって、完全に保護されている。この巨木の森の空気を吸うと、身も心も清浄になるような気がする。
  そして、ここSequoia NPは森林だけでは無い。アメリカ48州最高地点である、Mt. Whitneyを代表とする、多くの美しい山がその後に控えている。Yosemite NPのような喧騒な雰囲気が無いのが非常にいい。


楽しみ方のコツ

(1)季節 標高が高いので、夏が一番いいと思う。急坂も多く、冬はかなりの悪路になることが予想される。
(2)場所 観光の中心はGeneral Sherman Tree周辺になると思う。また、Moro Rock, Tunnel Treeも見ごたえがある。Mineral Kingは行ったことが無いのだが、のんびり出来る所のようだ。
(3)宿泊 園内には宿泊施設があるが、夏は人気が高く、特に土日は予約は必須であろう。しかし平日は、休日の騒々しさが嘘のように、静かになる。恐らく、Los Angeles, San Francisco等から、一泊二日で来る人が多いためであろう。ホテルの予約はここで出来る。また、キャンプ場も人気が高く、すぐに一杯になるようだ。私も、うまくキャンセルを拾って予約することが出来た。土曜の夜は一杯であった。しかし、平日には空があった。キャンプサイトにはあたりはずれがあるので、早く到着して、いいサイトをゲットすることをお勧めする。予約はNational Park Serviceでインターネットですることが出来る。
(4)食事 大きなスーパーは、VisaliaまたはFresnoまで行かないと無い。我々は事前に安い店を調べておいて、一気に買出しをした。General Storeもあるが、品数は少ない。
(5)ハイキング 多くのハイキングトレイルがある。セコイアツリーを巡るものから、ハイシエラの大自然の中に踏み込むものまで、いろいろあるので、それぞれの力量に合わせて楽しむと良いだろう。日帰りの日程であれば、申請する必要も無い。しかし、バックパッキングキャンプには申請が必要である。もちろん、熊に対する注意も必要だ。また、Mt. Whitneyに関しては、申請が必要だ(ここ)。人数が制限されているので、事前に許可を得ておく必要がある。私は、甘く見ていたのだが、翌日の登山を申請した時、最後の一人だ、と言われた。

17

Kings Canyon NP
(2003.8)
CA
 Sequoia NPの北に隣接するのがKings Canyon NPだ。公園の入り口にはSequoia Treeの森が広がり、その奥にはCedar Canyonが待っている。山の雰囲気は日本に似ており、多くのトレイルが広がっている。

楽しみ方のコツ

(1)季節 ここも標高が高いので、夏が一番いいと思う。
(2)場所 主な観光地はGeneral Grant Tree周辺であるが、Cedar Groveも忘れてはいけない。Yosemiteのような風景でありながら、Yosemiteのような喧騒が無い所だ。そして、これら道路があるのは公園のごく一部で、東方には果てしなくWilderness Areaが広がる。
(3)宿泊 Cedar Groveまでは遠いので、園内で宿泊することを勧める。予約はここで出来る。キャンプ場も土日は一杯になるので、早い時間での到着をお勧めする。
(4)食事  大きなスーパーはFresnoにある。
(5)ハイキング Cedar Groove周辺には多くのハイキングトレイルがある。
18


Yosemite NP
(1996.5)

Yosemite NP
(2003.8)
Yosemite NP
(2014.10)

CA

 アメリカで一番人気の高いNational parkである。美しい岩、水、森。四季を通じて、楽しむことが出来るNPである。ただ、人気が高いが故に、人が多すぎるのが少し気になる。しかし、時期をずらす、場所を変えるなどすれば、きっと素晴らしい休暇になるであろう。

楽しみ方のコツ

(1)季節 四季を通じて楽しめる所である。しかし、夏場のYosemite Valley内の混雑・もや(山火事、焚き火など)は相当のものがあるので、夏場はValley内は避けた方がいいというのが私の結論である。滝の水量も夏場はほとんど枯れたようになってしまうので、Glacier Pointへの道路が開通する前の5月が、ベストシーズンだと思う。
(2)場所 みんなに人気があるのが、やはりYosemite Valley内である。しかし、夏場は相当の混雑があることを覚悟しておこう。Tioga Roadを進んだTuolumne Meadowsは、高原の雰囲気があって、過ごしやすい所だ。また、南のMariposa Grooveまで行くと、Giant Sequoiaの森がある。
(3)宿泊 とにかく人気が高いので、夏場のシーズンの予約は数時間で一杯になってしまう有様だ。ホテルへの宿泊予約はインターネットで出来る(ここ)。バスつきは難しいが、テントキャビンであれば、頻回にチェックしておけば、予約することが出来るであろう。アメリカ人でも『一生に一回は泊まってみたいホテル』、Ahwahnee Hotelは、お金を積めば、泊まることが出来る。一方、キャンプ場の方も人気が高い。予約日(8月の分は4月)には、しばらくインターネットがつながらなくなる。予約はNational Park Serviceですることが出来る。周辺のモーテルやキャンプ場もあるのだが、結構時間もかかるので、やはり園内には泊まりたいものだ。そして、経験のある方であればバックパッキングキャンプをお勧めする。気になる熊であるが、熊よけのロッカーも置いてあるので、安心して宿泊することが出来る。
(4)食事 園内にはあちこちに、それぞれの予算に応じて食事を楽しむことが出来る。お勧めは、Ahwahnee Hotelの朝食。食べ放題なので、値段を気にせずにおなか一杯になることが出来る。ValleyのGeneral Storeでは、たいがいのものを揃えることが出来るが、やや値段は高いので、まとめて買出ししておこう。公園南口から20分南に行くと、大きなスーパーマーケットがある。
(5)ハイキング ここに来たならば、是非とも何らかのトレイルを歩いてみたいところだ。Valley内からGlacier PointとTuolumne Meadowsへのバスが出ているので、これを利用するのもいいかもしれない。また、ハイカントリー周辺には多くのトレイルがある。下調べを十分にしておいて、その日の気分で目的地を決めるとよいだろう。トレッキング中の注意として、夏場は結構気温が上昇するので、水を余分に持っていこう。
(6)サイクリング Valley内はレンタサイクルで楽しめることが出来るが、ブレーキのついていない特殊な自転車なので、注意が必要だ。Tioga Roadなどをヒルクライムで攻めるのもいいだろう。
(7)朝日、夕日 やはりValley内の人気が高いのは、朝晩の景色が素晴らしいからであろう。キャンプ場でワインを傾けながら、赤く染まるHalf Domeを見ていると、いくら日中人ごみにうんざりしていても、『ああ、来て良かった』と 思うに違いない。
(8)スターウオッチング Valley内はもやがあるので、あまり夏場は天体観測には適さないであろう。High Countryからの観測をお勧めする。
(9)温泉  Yosemite NP内ではないのだが、Mammoth Lakeの南にHot Creekという温泉がある。川の真ん中にお湯が沸きあがっており、いい具合の温度になっていて心地よい。旅の疲れをとるには最適だ。また、この他にも露天風呂がたくさん点在する。

19

Gauley River NRA
(2003.10)
WV
 14のNew River NRと同じ地域にある。ここには、Gauley Riverがあって、Rafting世界大会が開かれるような有名な所である。

楽しみ方のコツ

(1)季節 ダムの放流は9月,10月の週末なので、この時期を狙って出かけよう。
(2)場所 Upper GauleyとLowr Gauleyがある。LowerにはClass Vが2つであるのに対して、Upperには5つもある。
(3)業者 非常に人気のある所なので、多くの業者がある。我々の利用したNew & Gauley River Adventuresは、 小さい業者であるが故に、小回りが効いて安くしてくれるので、リピーターになってしまった。特にガイドのMattは、腕もうまく、攻めてくれるので非常に良かった。
20
Fort Pulaski NM
(2003.11)
GA  アメリカの内戦、南北戦争には興味があって、いろいろと勉強していたのだが、激戦の跡を色濃く残しているといえば、やはりFort Pulaskiであると思う。外壁には砲弾の跡が生々しく残っている。

楽しみ方のコツ
(1)季節 ここまで南に行くと、蚊が多いので、夏は蚊対策が必要であろう。いくら暑いといっても、長袖長ズボン、虫除けスプレーは必携だ。私の行った11月でもいたくらいだ。
(2)場所 ここでの見学は3時間もあれば十分なので、Sabannah観光・食事をセットにするといいだろう。
(3)食事 Sabannah Riverを眺めながら、ゆっくりと出来る所がたくさんある。
21
Biscayne NP
(2003.11)
FL  公園の95%は海であるという特殊な公園だ。海を楽しみに行く公園であろう。

楽しみ方のコツ

(1)季節 フロリダでのアウトドアでの観光ポイントは、やはり、蚊の多さに左右されると思う。夏は行ったことが無いけれど、大変じゃないかな、、、。
(2)場所 ここで是非トライしてみたいことの一つが、沖の島に渡ってのキャンプだ。乗り合いボートがあるようで、レンジャーのいる島がある。帯状に伸びている島なので、いろいろと散歩して遊べそうだ。
(3)宿泊 公園入り口周囲にはいくつかモーテルがある。
22
Everglades NP
(2003.11)
FL

 世界でも有数の湿原地帯であるが、湿原の存在自体が脅かされており、近い将来乾燥地帯になってしまうのかもしれない。今後の自然保護に注目したい。

楽しみ方のコツ
(1)季節 蚊の多さははんぱじゃないので、夏場は相当覚悟する必要がある。やはり、12月から3月がシーズンであろう。
(2)場所 Visitorセンターが各所にあるので、それぞれ、巡ってもいいと思う。その中でのお勧めは、やはり、インテリアに入ってのカヌーであろう。テントサイトには、屋根つきボートが浮かんでいて、その中でテントを張って寝れるらしい。
(3)宿泊 公園内でやはりお勧めしたいが、蚊対策は完璧にしよう。
(4)ハイキング ワニに会える可能性が高いので、是非してみよう。

23
Great Smoky Mountains NP
(2003.11)
TN
NC
 アメリカの国立公園の殆どが西部にあるのに対し、東部で人気のある山岳国立公園が、このGreat Smoky NPだ。アルプス的景観は望めないが、自然は色濃く残っており、ハイキング・キャンプ等をして楽しむ所だ。

楽しみ方のコツ
(1)季節 四季を通じて楽しめる所だと思う。夏のキャンプ場は、非常に混雑するとは聞くが、、、。
(2)場所 公園を縦断する道路沿いがアプローチがいいが、人も多いので、少し離れた場所がいいのではないだろうか。
(3)宿泊 公園の南はさびれた感じがするが、北のGatlinburgはすごい観光地になっている。たくさんのモーテルがある。ここにはスパもたくさんあるようだ。
(4)ハイキング 日本のハイキングのように、ピークハンティングではなくて、滝などの水を求めてのハイキングがいいのではなかろうか。
24
Blue Ridge Parkway
(2003.11)
NC
VA

 NCのGreat Smoky NPから、VAのShenandoah NPまで伸びるアパラチア山脈に沿った山岳ドライブコース(469マイル)であるが、National Park Serviceが管理している。最低高度649Ft(James River).、最高高度6053Ft.(Richland Balsam)と非常に変化に富んだコースである。一部だけでもドライブしてみよう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 四季を通じて自然を楽しめると思う。
(2)場所 全部走っていないので、あまり大きなことは言えない。日本的なかなりの山岳コースなので、一日で走るのは無理である。

25


Washington DC Area
(2003.11)


Washingotn DC Area
(2004.11)


Washington DC Area
(2005.6)

Washington DC Area
(2007.5)

DC

 Washington DC市内には、National Park Serviceによって管理されているものが数多くある。アメリカの歴史を学ぶのには、非常にいい場所であろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 四季を通じていいと思う。
(2)場所 人気のWashington Monumentや、Lincoln Mmemorialは必ず訪れるとして、他にも数多くあるので、十分な日程をみておこう。私のお勧めは、Ford's Theatreである。私は11個スタンプをゲット出来た。番外編として、National Zooもお勧めしておきたい。全米でパンダがいるのはここを含めて現在3箇所であるが、歴史的建造物が多い中で、子供連れにはいい場所であると思う。
(3)宿泊 Washington市内は非常に値段が高い。Arlingtonに宿泊して、交通機関を利用するのも一つの手だ。またBaltimore近郊も狙い目の一つだ。
(4)移動 
各施設間の距離はばかにならない。私は自転車を利用したが、駐車場の少なさ等を考慮すると、非常に有効であったと思われる。駐車スペースはWashington Monument周辺などもあるが、モールの目抜き通りに10:00前に駐車してしまうのが一番効率的であろうか。その後は一杯になってしまうようだ。
(5)その他 2003.12にオープンしたNational Air and Space Museumの別施設は、エノラゲイやスペースシャトル、コンコルドも展示されているので是非訪問されることをお勧めする。現在も拡張が進んでいる。また2005年春までSecurity改善のため、Washington Monumentは登ることが出来ない。事前にしっかり下調べをしてから訪問されることをお勧めする。

26
Manassas NBP
(2003.11)
VA  南北戦争の最初の激戦地である。『Bull Runの戦い』 という名前の方が、日本では有名かもしれない。National Battlefield Parkとして管理されている。

楽しみ方のコツ
(1)季節 四季を通じていいと思う。
(2)場所 野外で見るものは少ないのだが、Stone HouseStone Bridgeは見ておこう。Visitor Centerでは、45分のVideo上映がある。
(3)宿泊 安いモーテルが周辺にはある。
27
Shenandoah NP
(2003.11)
VA Wasihngton DCの西方に連なるなだらかな山脈で、全長105mileのドライブウェイが山脈を縦断している。

楽しみ方のコツ
(1)季節 四季を通じていいと思うが、冬は結構冷え込むであろう。キャンプ場は閉鎖となる。
(2)場所 下山もしやすい場所なので、計画に合わせてハイキング計画を立てよう。
(3)宿泊 神戸でいう六甲山といった雰囲気のエリアで、お金さえあれば、素敵な展望を楽しみながら、週末を山上で過ごすことが出来るであろう。また、長期縦走も可能であるように、キャンプ場も点在している。
(4)食事  5箇所のレストランがある。
(5)ハイキング 多くを歩いていないので、お勧めは無いが、今度訪れるとしたら、家族で4〜5時間のループトレイルか、100kmくらいのトレイルランをするであろう。
(6)朝日、夕日 山脈上であれば、どこからでも雄大な景色を見ることが出来るであろう。
(7)スターウオッチング 大都会が近いので、あまり期待していなかったのであるが、水平距離があるためか、綺麗な星空を見ることが出来る。
28
Appalachian NST
(2003.11)
GA
NC
TN
VA
WV
MD
PA
NJ
NY
CT
MA
VT
NH
ME
 GAからMEまでの14州にまたがる、全長2167mile、3488kmのNational Scenic Trailである。日本アルプスのような、雄大な景色は期待できないが、これだけの長い距離を歩けるというのは、信じがたいことである。アメリカ版、東海自然歩道といった感じか。

楽しみ方のコツ
(1)ハイキング その一部なりとも歩くことをお勧めするが、日本と異なり道標は少ないので、地図とコンパスは必ず持参しよう。
29
Dinosaur NM
(2003.12)
UT
CO
 UTからCOに広がるGreen River沿いの断層地帯には、恐竜の化石が多いことで知られる。Green Riverが運んできた恐竜の死体が、瀞で折り重なって堆積したらしい。『恐竜の化石なんて博物館で見れるじゃない』、と思っていたのだが、実際に岩の中にめり込んでいる恐竜の化石を目の前にすると、実際に恐竜がこの地球に存在していたことを実感することが出来る。

楽しみ方のコツ
(1)季節 四季を通じていいと思うが、冬は結構冷え込むであろう。キャンプ場はあいているが、人は夏でも少ない所ので、静かなキャンプを楽しむことが出来るだろう。
(2)場所 便利なのが採掘場周辺であろう。その他のエリアは、4WDが必用だ。
(3)宿泊 周囲には大自然が残っている所なので、キャンプ場をお勧めする。Vernalに行けば、モーテルは多い。
(4)水遊び Green Riverはラフティングで有名な所で、結構遊べる所が多いであろう。水際のキャンプ場も多いので、組み合わせると非常にいいであろう。
30
Lake Mead NRA
(2002.12)


Lake Mead NRA
(2003.12)
NV
AZ
 Corolado Riverをせき止めているDavis Dam, Hoover Dam周辺は、National Recreation Areaに指定されている。Nevadaの不毛の大地が広がるこのエリアは、一見の価値があると思う。

楽しみ方のコツ
(1)季節 四季を通じていいと思う。
(2)場所 どうしてもHoover Damだけに目がいきがちであるが、Lake Mead周辺の広大な大地も見ておきたい所だ。まさに砂漠の中のオアシス、というLake Meadを実感できると思う。もちろん、Hoover Damも抑えておきたい所だ。
前者のドライブに3時間、後者の見学にも3時間はかかるであろう。
(3)宿泊 NRA内には、多くのキャンプ場が点在している。もちろん、周辺には安いモーテルも多いし、Las Vegasまで行けば、宿泊施設は選び放題だ。(予約は必携)人気のホテルのバッフェで、是非食事だけはしておこう。
(4)ハイキング ちょこちょこあるのだが、夏は砂漠なので、歩くのは大変であろう。
31
James A. Garfield
NHS (2004.1)
OH  アメリカ第20代大統領の家だ。大統領の死後も家族によく保存されていた、また暗殺された、ということもあるのかもしれないが、1980年にNational Histolic Siteに指定されている。アメリカの近代史に興味があるならば、是非行ってみよう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 夏は毎日やっているが、冬は土日しかやっていないので、注意が必要だ。
(2)見学 毎時15分にツアーがあるのだが(有料)、是非参加してみよう。建物の内部を案内してくれる。
32
Hopewell Culture
NHP (2004.2)
OH  アメリカ先住民の遺した墳丘だ。その役割ははっきりわかっていないが、儀式的な要素が多かったと推測されている。昔は全米にも多数のものがあったそうだが、どんどん壊されて、ここは貴重な存在のようだ。

楽しみ方のコツ
(1)見学 それほど時間はかからないであろう。ビデオは是非見ておこう。トレイルもあるので、歩いてみると、また違った印象が味わえるかもしれません。
33
New Bedford Whaling
NHP (2004.4)
MA

 New Bedfordは捕鯨で有名であった町だ。日本でなされていた食用捕鯨とは異なり、鯨油をとるためにここから世界中の海に広く捕鯨船が出航していった。19世紀には10,000人以上の人が捕鯨産業に関わっていたとされる。日本の開国にも大きく関与しており、ジョン万次郎はこの隣町に住んでいたことでも知られる。

楽しみ方のコツ
(1)見学 それほど時間はかからないであろうが、Whale Museumは是非訪れてみたい所だ。現在では捕鯨に反対しているアメリカの過去を知ると、また新たな知識が得られるであろう。屋上でお弁当を食べるのもいいかもしれない。

34
Cape Cod NS
(2004.4)
MA  Bostonの南西に伸びる半島で、古きアメリカを体験できるリゾート地である。

楽しみ方のコツ
(1)季節 四季を通じていいと思うが、冬は店がやっていないこともあり、避けた方が無難だと思う。
(2)場所 時間があれば、周辺の町でゆっくりと過ごすのもいいであろう。
(3)宿泊 NS内には実は宿泊施設は無い。近くのState Parkでキャンプ可能である。また感じのいいB&B等も多い。
(4)ハイキング ちょこちょこあるのだが、やや単調な感はある。うまく車などを使用して、海岸沿いの長距離ハイキングなどもいいであろう。周囲には全く人工物が見えない部分もある。また湿地帯を訪れるコースもある。
35


Boston Area
(2004.4)


Boston Area
(2005.4)

Boston Area
(2005.5)


Boston Area
(2009.5)


Boston Area
(2014.4)

MA

 アメリカ建国からの歴史のあるこの町には、多くの観光ポイントが多い。ある程度予習をしてから訪れると、新たな発見も多いであろう。確かに日本に比べて歴史は浅いのであるが、17世紀からのこの国における歴史の濃密さには本当に驚かされる。

楽しみ方のコツ
(1)季節 四季を通じていいと思うが、冬は厳しい寒さである。人気のダックツアーもやっていない。
(2)場所 まずは、Freedom Trailを歩いてみよう。水族館前からNavy Yardへの水上バスも移動には有効であろう。同じ所をお歩いて戻ってくる手間も省ける。またWhale watching tourに参加したり、JFKゆかりの地を訪れるのもいいであろう。NP関連施設では無いが、個人的にはJFK Museumがお勧めだ。また、Quincy Marketで遊ぶのもいいだろう。車があれば、Boston周辺のNP関連施設へ赴くのもいいだろう。(Bunkerhill Monumentへの入場には、現在無料ながらチケットが必要となっている。)
(3)宿泊 市内に宿泊するのは非常にお金がかかる。早朝に無料路上駐車をかまして、電車・徒歩で移動するのが経済的だと思う。

(4)食事 いろいろな所で食べることが出来るが、クラムチャウダーはお勧めだ。ロブスターは、この辺りの店で出されるものは殆どがMaine州で取られているせいか、少し新鮮さが落ちているような気がした。

36
Acadia NP
(2004.5)
ME

 アメリカ北東部唯一のNPである。ここは別荘などの開発がなされた後に、NPとしての整備が進んだので、広さもあまり広いことは無く、人の手もかなり入っている。しかしフィヨルドの美しい景色は、西部のNPにひけをとらないものがる。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬場は極寒の地で、日も短い。観光地も閉鎖されていることが多いので、やはり春から秋の間に訪れてみたい。ただ、夏場の最盛期は東海岸の大都市からの避暑地になるので、相当混雑することが予想される。
(2)場所 Mount Desert Island, Schoodic Peninsula, Isle au Hautの3領域に分けられるが、一番の人気はMount Desert Island周辺だ。混雑の予想される夏場は他のエリアに逃げるのもいいだろう。中心地であるBar Harborは、多くの土産物屋が並び、ショッピングを楽しむことも出来る。
(3)宿泊 周辺には安いモーテルから、高級ホテルまでいろいろ選べる。園内にはキャンプ場もある。
(4)食事  大きなスーパーはEllsworthにある。またTrentonにはロブスター屋さんが並び、生きた安いロブスターを買って帰ることも出来る。
(5)ハイキング 山の上からの空の青さと海・湖の青さが素晴らしいので、是非ハイキングされることをお勧めする。車でMt. Cadillac Mountainに登ることも出来る。海の眺めが素晴らしいのはChamplain Mountain周辺だ。また干潮時しか渡れないBar Islandへ行くのもいいだろう。
(6)サイクリング 園内のActivityの一つだ。Loop周辺および車の入れない未舗装道路が縦横無尽に島内にある。
(6)朝日、夕日 水平線から昇る朝陽、水平線に沈む夕陽は一度は見ておきたいものだ。手軽に登れるCadillac Mountainには多くの人が集まる。
(7)スターウオッチング  残念ながら町の明かりが明るすぎる。
(8)ホエールウオッチング Bar Harborは小さい町ながら、ツアーを出している。小さい会社なので、逆に小回りがきいていいだろう。

 この他にもカヤックや、アザラシを見るツアーなどもあり、小さいエリアながら、存分に楽しめるエリアである。

37
Badlands NP
(2004.7)
SD  プレイリーの広大な大地が突如不毛の大地になるのが、このNPだ。NPとしての敷地は限られているが、隣接するBuffalo Gap National Grasslandが隣接しているため、非常に広大な景色を楽しむことが出来る。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬場は極寒の地で、日も短い。観光地も閉鎖されていることが多いので、やはり春から秋の間に訪れてみたい。しかし、夏場は逆に気温がかなり上昇するので、昼の間は他のエリアで過ごした方がいいと思う。
(2)場所 分散しているのだが、やはり訪れやすいのはNorth Unitであろう。Badlands Loop Road沿いを進み、いろいろな表情を見せるOverlookを巡るといいだろう。
(3)宿泊 周辺にはモーテルなどもあるが、是非園内のロッジまたはキャンプ場に宿泊して、朝日・夕日に染まる岩山を心ゆくまで楽しみたいものだ。
(4)食事 大きいスーパーはRapid Cityにある。また園内のロッジ客用にレストランもある。
(5)ハイキング あまり長いものは無いが、短いトレイルはたくさんある。
(6)サイクリング アップダウンがきついので、あまりサイクリングには向かないが、ロードレーサーならば快速ツーリングが楽しめるであろう。
(6)朝日、夕日 赤く染まる岩山は非常に美しいので、是非見逃したくないところだ。
(7)スターウオッチング  周辺には全くあかりが無く、遮るものも無いので、素晴らしい星空を見ることが出来るであろう。
(8)動物 プレイリードッグだけでなく、朝夕にはBighorn Sheepなども見ることが出来るであろう。
38
Mount Rushmore NM
(2004.7)


Mount Rushmore NM
(2014.9)
SD  アメリカでも人気の4人の大統領が彫られたこのNMは、アメリカ人にとっては聖地のような所で、全米から人が集まってくる所だ。周辺には多くの観光地があるので、長期間の滞在も可能ないいエリアである。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通して楽しむことが出来るが、山岳地帯にあるため、積雪時はアプローチが大変であろう。
(2)宿泊 周辺には数多くのモーテルなどがある。
(3)食事 大きいスーパーレストランなどはRapid Cityにある。園内にはファーストフードを食べれるレストランがある。
(4)ハイキング 正面から大統領の顔を見て帰る人もいるが、作成の経過を紹介したビデオを見た後、Presidential Trailを歩きSculptor's Studioにも是非寄ってみよう。
39
Windcave NP
(2004.7)
SD  地球の歩き方に紹介されていないために、あまり日本人には馴染みの薄いNPではあるが、発達したCave Systemと地上でのBuffaloの多さには目を見張るものがある。当初は洞窟の保護を目的としたNPであったが、後に野生動物の保護をも目的としたNPとなった。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬場でも洞窟の中の温度は一定なので、十分楽しめることが出来るであろう。夏場はやや暑い時もあろうが、標高も高いのでそれほどでもないであろう。
(2)場所 Visitor Center周辺がメインになるであろう。隣接するCuster State Parkでも楽しむことが出来るであろう。
(3)宿泊 園内にはロッジなどは無いが、バッファロー達に囲まれた素朴なキャンプ場がある。ホテルなどは南にあるHot Springsにたくさんある。
(4)食事 スーパーはHot Springsにもあるが、Rapid Cityでそろえた方がいいであろう。レストラン等は、Hot Springsにたくさんある。
(5)ハイキング ケーブツアーはいくつかあるので、ぜひ参加しよう。また園内にはいくつかトレイルがある。
(6)サイクリング アップダウンがきついので、あまりサイクリングには向かないが、ロードレーサーならば快速ツーリングが楽しめるであろう。
(6)朝日、夕日 空気が澄んでいるので、美しい太陽を見れるであろう。
(7)スターウオッチング  周辺には全くあかりが無く、遮るものも無いので、素晴らしい星空を見ることが出来るであろう。
(8)温泉 ここまで来たならば、Hot Springsで旅の疲れを癒したいところだ。
(9)動物 1913年にBrnx Zooより寄付されたBuffaloが今や350頭以上にまで繁殖している。人に慣れているせいか、US-385の三叉路付近では、数多くのBuffaloを見ることが出来るであろう。
40
Jewel Cave NM
(2004.7)
SD  これも日本人には馴染みの薄いNMであるが、発達したCave Systemを持つ。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬場でも洞窟の中の温度は一定なので、十分楽しめることが出来るであろう。ただ夏場しかやっていないCave Tourもある。
(2)宿泊 Custer周辺にはいくつかモーテルがあるし、Rapid Cityまで行けばたくさんある。
(3)ハイキング 是非美しいCave Tourには参加しよう。ハイキングトレイルは、短いものがいくつかある。
41
Devils Tower NM
(2004.7)

Devils Tower NM
(2014.9)

WY

 写真で見たことはあるとは思うが、百聞は一見にしかず、一度は訪れてみたい所だ。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬場は厳しい気候の地域だが、雪景色は逆に素晴らしい風景を作ってくれるだろう。
(2)宿泊 園内にはキャンプ場があり、NMの入り口にはKOAがある。またSundanceやI-90周辺には多くのモーテルがある。
(3)ハイキング 2kmのTower Trailで、是非Towerの周りを一周してみよう。園内のキャンプ場に宿泊しているならば、Red Beds Trailを歩くのもいいだろう。そして、つわものは是非頂上に立って欲しい所だ。グレード的には5.7のクラックシステムを登れる実力があれば、難なく頂上に立てるであろう。
(4)朝日、夕日 朝夕の光は、Towerの立体感を際立たせてくれるであろう。
(5)動物 プレイリードッグをたくさん観察することが出来る。
(6)スターウオッチング 周辺には大きな町が無いので、素晴らしい天の川を見ることが出来るであろう。

42
Glacier NP
(2004.7)
MT

 山、水、氷、花、、、。アメリカ西部のNational Parkが、乾燥した砂漠地帯に多いのに対して、ここは非常に水の多い、植物・動物が生き生きとしたNPである。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬場は園内が閉鎖されてしまう。
(2)場所 St. Mary, Logan Path, Lake McDonald, Two Medicine, Many Glacier, そしてカナダ側,,,,。行くべき所がたくさんあるので、日程に余裕を持って楽しみたい所だ。
(3)宿泊 園内にはロッジなどがたくさんあるが、予約をしっかり入れるべきである。園外には多くのモーテルがあるが、山が遠ざかり迫力が全く異なるので、是非園内に泊まりたいところだ。キャンプ場もいい所が多く、Many Glacierは午前中で一杯になる。しかし、Bear Countryであることは忘れてはいけない。山歩きに慣れた人ならば、Granite Park Chaletに宿泊するというオプションもある。
(4)食事 スーパーはSt. Maryにもあるが、手に入るものは少なく、値段も非常に高いので、もっと大きな町で買出しすべきである。レストラン等は、随所にある。
(5)ハイキング 園内には多くの魅力的なトレイルがある。その一つでもいいから歩いてみよう。確実に野生動物に会えるであろう。特にお勧めはGrinnell氷河と、Highline Trailであろうか。
(6)サイクリング 登りがきついが、標高差も1,000mくらいなので、ロードレーサーでの運動にはちょうどいいだろう。また湖の散策などにも使用することが出来る。
(7)朝日、夕日 山の凹凸をはっきりととらえられるこの時間は、逃したくないところだ。
(8)スターウオッチング 雲が発生しやすいのか、あまり美しいミルキーウエイは見ることが出来ないかもしれない。
(9)温泉 Montana州西部にはいくつも温泉があるので、これと組みあわせた旅行にすると面白いであろう。
(10)動物 グリズリー、マウンテンゴート、ビッグホーンシープ、エルク、、、多くの動物と会えるチャンスが多いであろう。

43
Little Bighorn
Battlefield NM
(2004.7)
MT  アメリカの西部開拓の歴史、アメリカの発展の歴史を知る上では、避けては通れない所であろう。またそういった事に興味が無い人でも、是非立ち寄るべき所である。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬場は厳しい気候の地域で、レクチャーなども少ないので、やはり夏場がいいであろう。
(2)宿泊 周辺のI-90沿いには、モーテルがある。
(3)歴史 1803年のナポレオンからのルイジアナ購入、1804年のLewis & Clark遠征、その後の西への開拓・Indianの迫害。一連の歴史をある程度下調べをしてから、このNMを訪れた方が、訪問を非常に有意義なものとしてくれるであろう。
44
Theodore Roosevelt NP
(2004.7)
ND

 自然保護とともに、Theodore Rooseveltの業績を讃えたNPである。Badlands NPに似た不毛の大地が広がり、ここに多くの野生動物が生息している。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬場は厳しい季節となり、見るべき所も少なくなる。夏場はやや暑いが、朝夕は逆に肌寒いであろう。
(2)場所 交通に便利なSouth Unitと、その北方にNorth Unitがある。それぞれに住む野生動物もやや種類が異なる。
(3)宿泊 South Unit, North Unitとも園内にキャンプ場があるが、SouthのものはややI-94と近接しているのが難点だ。逆にNorthのものは、静寂のいいキャンプが出来るであろう。
(4)食事 Medoraにはレストランなどがたくさんあるが、大きいスーパーは無い。
(5)ハイキング もともと牧場であったこともあり、ホーストレイルがあるとともに、いくつかのトレイルもある。
(6)サイクリング アップダウンがきついが、ループであるので、楽しいしツーリングが楽しめると思う。
(7)朝日、夕日 空気が澄んでいるので、美しい太陽を見れるであろう。
(8)スターウオッチング  周辺には全くあかりが無く、遮るものも無いので、素晴らしい星空を見ることが出来るであろう。
(9)動物 バッファローやプレイリードッグを数多く観察できる出来るであろう。

45


New York Area
(2004.8)

New Yrok Area
(2005.5)

NY  大都会のNew Yorkには7つのNational Park Serviceが運営する施設がある。多くの美術館や劇場などがひしめく大都会ではあるが、ちょっと立ち寄ってみるのもいいのではないだろうか。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて楽しめる町であるが、やはり夏場の週末は混雑が予想される。
(2)場所 Hamilton Grange, General Grant, Theodore Roosevelt Birthplace, Federal Hall, Castle Clinton, Ellis Island, Statue of Libertyがあるが、やはり人気は自由の女神か。自由の女神へのフェリー乗り場は、Castle Clintonにあり、また帰りのフェリーはEllis Islandに立ち寄るので、うまく組み合わせるといいだろう。多くの人が自由の女神だけで帰ってしまうのだが、Ellis Islandは、移民の国アメリカを理解する上で非常に勉強になる施設だ。
(3)その他 テロの後、かなりセキュリティが厳しくなっているので、十分に時間に余裕をみておこう。また以前と異なり、自由の女神の内部への見学には、予約が必要であることを知っておこう。自由の女神の博物館は大したことは無いので、是非Ellis Islandには立ち寄るようにしよう。最低でも2時間は見ておきたいところだ。またNP施設ではないが、Empire State Billの見学も、相当の時間を覚悟しておかなければいけない。
46
Perry's Victory and
International Peace
Memorial
(2004.9)


Perry's Victory and
International Peace
Memorial
(2004.9)

OH  エリー湖に浮かぶ小島には、米英戦争の歴史があることを御存知であろうか。歴史の勉強、そしてのんびりと時間を潰すにはいい所であると思う。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬はフェリーの便も無くなってしまうので、夏場しか利用できない。ただ、7〜8月のハイシーズンには人でごったがえすので、平日または6月・9月がいいのではないだろうか。
(2)交通 高速船がPort Clintonから、フェリーがCatawbaから出航している。値段で言うとフェリーの方がお得だ。CatawbaのMiller Ferryの駐車場は一杯になりやすいのだが、奥まった所にも無料駐車場はある。島に渡った後は、ゴルフカートで移動するか、送迎バスで移動することになろう。自転車で渡ってしまうのも安上がりでいいだろう。車で渡ることも出来るが、帰りのラッシュを避けたいところだ。
(3)その他 お隣のKelleys Islandには美しいビーチがあるので、こちらにも足をのばしてみよう。Put-in-Bayは飲み屋が多く、呑み助にはたまらない所であろう。
47
Steamtown NHS
(2004.10)


Steamtown NHS
(2010.3)
PA  19世紀のアメリカ産業の発展に多大な役割を果たしたPennsylvaniaにおいて、石炭と鉄鉱石の多くの産地をもつScranton周辺は、鉄道の発達が顕著であった。蒸気機関車の操車場がよく保存されているScrantonは、いわば蒸気機関車のふるさとみたいな所である。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて利用できる場所であろう。季節ごとに蒸気機関車の搭乗ツアーがあるので、インターネットでチェックして予約するといいだろう。
(2)宿泊 周辺には多くの宿泊施設がある。
(3)食事 歩いて行ける部分に巨大なモールもあるが、出来ることならばお弁当を持ってExcarsionに出かけたいものだ。
(4)その他 鉄道マニアにはたまらない所であろう。Excarsionも含めれば、一日あっても時間は足りないであろう。建物の内部では、壊れた機関車の修理も行われており、こちらのツアーも面白い。また、周辺には炭鉱見学トロッコなどもあるので、2日がかりで遊ぶのも一つの手だ。
48
Upper Delaware SRR
(2004.10)
PA
NY

 静かに週末を過ごすには非常に気持ちのいいエリアであろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
春から秋がいいであろう。
(2)宿泊 周辺には気持ちのいいB&Bも含めて
宿泊施設があり、キャンプ場もたくさんある。。
(3)その他 いくつか瀬もあるようだが、のんびりカヌーの旅をするにはいい川であろう。

49
Delaware Water Gap NRA
(2004.10)
PA
NJ

 大都市近郊の市民の憩いの場といった感じの川だ。上Upper Delawareの下流にあたるのだが、川の流れもゆっくりとなり、のんびりとした流れを見せてくれるであろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
春から秋がいいであろう。
(2)宿泊 周辺には多くの
宿泊施設があり、キャンプ場もたくさんある。川沿いを適当にキャンプしながら下るのもいいであろう。
(3)ハイキング 滝をめぐるトレイルがいくつかあるので、是非少しでも歩いてみよう。

50
Gettysburg NMP
(2004.10)
PA  リンカーン大統領によるGettysburg宣言はあまりに有名であると思うが、ここで行われた南北戦争の詳細については、あまり知られていないのではないだろうか。アメリカを真っ二つに分けた内戦の中でも、ここは最も展示・史跡も充実しており、南北戦争の歴史の勉強をするには一番いい場所である。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて利用できる場所であろう。ただ夏休みなどのシーズンには多くの人が訪れるので、大変込み合うようだ。
(2)宿泊 周辺には数多くのホテルなどがあるが、やや値段は高めに設定されている印象だ。  
(3)ハイキング 多くの人が周辺を歩いて散策していた。史跡をゆっくり巡るのもいいであろう。
(4)サイクリング 名所をつないだ2つのループが設定されており、これを自転車でゆっくり回るのが結構ポピュラーだ。
(5)その他 南北戦争に関する情報を頭にある程度入れておいてから訪問することをお勧めする。訪問が非常に充実したものとなるであろう。
51
Allegheney Portage
Railroad NHS
(2004.10)
PA

 馬による運搬と鉄道による運搬の狭間に、アメリカでは運河による運搬という輸送手段があった。そして驚くべきことに、この相反する鉄道と運河の癒合がここAllegheneyでは見られていたのである。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
一年を通じて利用できる場所であろう。
(2)宿泊 周辺には何も無いので、麓の町まで降りる必用がある。
(3)その他 非常にマイナーなNHSであるが、逆に自分の見たい時にビデオを見ることが出来るであろう。これは、是非見られることをお勧めする。そしてその後に、線路の部分に散策に出かけるといいだろう。2時間もあれば十分であろうか。

52
Philadelphia Area
(2004.11)


Philadelphia Area
(2010.3)
PA  アメリカ独立の一ページを飾ったPhiladelphiaは、市内中心部も一部再開発されて、賑やかさを増している。しかし、アメリカ人にとっては京都みたいな所であるのかもしれないが、アメリカ建国にまつわる英語による解説が多く、なかなか我々日本人にはよっぽど興味があるか、予習をしっかり行わないと、理解するには時間がかかるであろう。逆に、建国史に興味がある方には、たまらない所であろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて可能。
(2)宿泊 市内の宿泊施設はどこも値段が高く、駐車場も日本並みの値段である。ほぼ毎日Conventionが行われているので、インターネットでだいたいめぼしをつけておいて、直接電話して、『学会に参加するのだけど、学会割引はある?』と交渉するのが一番安いかもしれない。
(3)その他 自由の鐘周辺はsecurity checkが行われるようになったので、見学にはやや時間がかかるであろう。朝一でまずは建物の見学のチケットをゲットするようにしよう(無料)。自由の鐘は、チケットはいらないが、かなりの人気で混雑することが多い。
53
Chesapeake & Ohio Canal
NHP (2004.11)


Chesapeake & Ohio Canal
NHP (2005.5)


Chesapeake & Ohio Canal
NHP (2005.6)


Chesapeake & Ohio Canal
NHP (2005.8)

DC
MD
WV

 アメリカの交通史の中で、一時代を築いた運河を保存したNHPである。産業の発展の中で朽ち果てていった運河が多い中で、このC & O canalはその184.5mileの全長に渡り保存されている貴重なものである。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて利用できる場所であろうが、冬は氷結による破壊を防ぐために水を抜かれていることが多い。

(2)場所 全部で6箇所のVisitor Centerがある。現在(2005.5月)でも、GeorgetownではBoat rideをやっている。便数が少なく、人気も高いので、時間に余裕を持って出かけよう。出来れば、船で一回、船外からもう一回の二回閘門の通過を確認した方がいいだろう。Georgetownの美しい町並み、Great Falls、対岸にNHSのあるHarpers Ferryは印象的であった。また、運河がトンネルを通過するというPaw Pawも見所の一つだ。
(3)宿泊 周辺には何も無いことが多いが、Interstateが近くを通っているので、不自由はしないであろう。Paw Pawにはキャンプ場もある。
(4)ハイキング Great Falls周辺にはハイキングコースが多い。Paw Pawを歩くのもいいだろう。
(5)サイクリング ほぼその全長に渡って楽しむことが出来る。

54
Fort McHenry NM
(2004.11)


Fort McHenry NM
(2007.5)
MD

 現在は戦争の傷跡は残っていない砦であるが、アメリカ国歌発祥の地として知られている。独立間もない新しい国家アメリカを襲った危機を勉強することが出来るであろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて利用できる場所である。
(2)場所 
Baltimore観光も組み込んでいきたいが、出来ることならばSmithonianのオリジナルのアメリカ国旗も見ておきたいところ。車があれば短時間で移動出来るであろう。
(3)宿泊 
Inner Harbor周辺は観光にも便利だが、値段が高い。近郊であれば比較的安く宿泊することが出来る。
(4)その他 Inner Harborからバスと水上タクシーが出ているようだ。これに乗ってみるのも楽しいであろう。

55
Assateague Island NS
(2004.11)
MD
VA

 MDからVAの海岸線に広がるNSで、延々と続く砂浜の海岸線を楽しむことが出来る。。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
やはり海は夏がいいであろう。ただ、夏場は相当な混雑が予想される。
(2)場所 MD側およびVA側にVisitor Centerがある。MD側はキャンプ場があったり、オフロード専用車で砂浜を走れたりと楽しむことが出来る。
VA側はそういったものは無いが逆に自然がよく残されている。
(3)宿泊 夏の海水浴のための安いモーテルがChincoteagueの町にはあるが、数は周辺を含めて少ない。
(4)食事 シーフード系のものがいくつか点在している。
(5)ハイキング MDからVAへの海岸線を歩くものが非常に魅力的。途中でキャンプすることも可能だ。
(6)カヌー 内向きの湾ではゆったりと楽しむことが出来るであろう。カヌー用のキャンプ場もある。
(7)朝日、夕日 空気が澄んでいるので、美しい太陽を見れるであろう。
(8)スターウオッチング  周辺には全くあかりが無く、遮るものも無いので、素晴らしい星空を見ることが出来るであろう。
(9)動物 鹿や野生の馬を見ることが出来る。

56
Richmond NBP
(2004.11)
VA  南北戦争で南部の首都になっていた所である。そのころの工業・Richmondをめぐる攻防戦を勉強することが出来る。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
オールシーズン可能である。
(2)場所 5箇所のVisitor Centerがあるのだが、まずはCivil War Visitor Centerから訪れて周辺を順番に回っていくといだろう。
(3)宿泊 安いモーテルは用意にインターネットで検索することが出来るであろう。
(4)その他 範囲としては広く、一日で全てを回りきることは不可能であろう。ある程度予習しておくことをお勧めする。
57


Harpers Ferry NHP
(2004.11)

Harpers Ferry NHP
(2005.6)

WV
MD
VA
 小さな町ながら、産業の発展・南北戦争を通じて時代の脚光を浴びた町である。町並みが良く保存されている。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
オールシーズン可能である。
(2)場所 Visitor Centerに車をおいて、シャトルバスで旧市街に移動して観光するのが一般的である。戦争マニアは、周辺の古戦場跡地を巡るのもいいだろう。またC & O Canal, Antitamを訪れるのもいいだろう。時間の無い人の裏技としては、市街の北西側に路上駐車することも出来る。
(3)宿泊 ハイウエイ沿いに見つけることが出来るであろう。
(4)その他 連邦の兵器庫があったことと、南北の境界線上に位置していたことから、アメリカの町の中では珍しく8回も支配が変わっている町である。(1)産業の発展、(2)交通の発展、(3)南北戦争、(4)黒人人権運動、の4つの側面から展示されている。ある程度予習しておくことをお勧めする。
58
Corolado NM
(2004.12)
CO  規模としてはNPのものと比べると小さいが、高速道路からのアクセスを考えると、気軽に楽しめるドライブ道路と考えるといいだろう。断崖の上の台地の縁を巡る道路を走って楽しむといいだろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬場は結構積雪があるであろう。ガードレールの無い道が多いので、十分注意したいところだ。
(2)宿泊 I-70沿いに安いホテルがたくさんあるだろう。お勧めはVisitor Center近くのキャンプ場である。
(3)食事 West Coloradoの都市、Grand Junctionで大きなスーパー・レストランなどがある。
(4)ハイキング あまりトレイルは多くない。
(5)サイクリング ヒルクライム派には、面白い道が続くであろう。またこれとは別にUS-550沿いは、美しいサイクリングコースとなろう。
(6)朝日、夕日 山の凹凸をはっきりととらえられるこの時間は、逃したくないところだ。
(7)スターウオッチング きれいだとは思うが、Grand Junctionの光が邪魔になるかもしれない。
(8)温泉 Glenwood SpringsやOuray周辺にはいくつか温泉があるので、これを組み合わせて旅行をするといいだろう。
59
Aztec Ruins NM
(2004.12)
NM  Aztec Ruinsは、事前に調べておかなければ、通り過ぎてしまうような小さいNational Monumentである。結構街中にあるのだが、これだけのものがきっちりと残されていたというのは驚きである。アメリカの歴史に興味があれば、是非立ち寄るといいだろう。

楽しみ方のコツ

(1)場所 見学自体には時間はかからない(2時間あればよいか)ので、うまく日程をあわせて、他のNP巡りの途中に休憩がてら立ち寄るといいのではないだろうか。
60  
Chaco Culture NHP
(2004.12)
NM

 上記のAztecよりもお勧めなのが、世界遺産にも指定されているChaco Cultures NMである。 US-550からダート道を30分以上走らなければいけないし、遺跡自体も見ごたえがあるので、十分に時間を準備しておこう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 冬場も積雪が少ないのでアプローチ可能であるが、大雨の後は道路状況が一部川を渡る部分もあり不安定なので、しっかり情報収集しよう。
(2)場所 かなり奥まった所にあるので、いざという時に備えて携帯電話があるといいだろう。
(3)宿泊 園内にはキャンプ場がある。岩壁帯の下にあり、昔のIndianを想いながら星空を眺めるのは非常に気持ちがいいのではないだろうか。周辺には全く集落が無いので、満天の星空が期待できよう。
(4)食事 周辺には全く大きな集落が無いので、あらかじめしっかり用意しておこう。

(5)ハイキング 園内には遺跡を巡る数々のショートトレイルがある。
(6)朝日、夕日 地平線から昇り、地平線に沈む太陽を見ることが出来るであろう。
(7)スターウオッチング 十分期待していいだろう。

61
Jefferson National
Expansion Memorial
(2004.12)
MO

 アメリカの西部開拓の歴史を勉強するならば、是非訪れたいのがこのJNEMである。登れるMonumentとしては全米一高いものである。

楽しみ方のコツ
(1)季節 一年を通じて楽しむことが出来るが、遊覧船の運航は縮小されるので注意が必要だ。
(2)場所 Gateway Archとその向かいのCourt Houseには行っておこう。時間があれば、Grant NMも訪れるか。
(3)宿泊・食事 St. Louis市内にはたくさんある。  
(4)アトラクション まずはGateway Archに登るトラム、そしてArchの誕生を綴った映画、Lewis & Clarkの遠征を示した映画、展示がある。またミシシッピ川を巡る蒸気船ツアーのチケットもチケットセンターで購入することが出来る。入場にはセキュリティチェックがあるので、荷物は最小限に。

62
Point Reyes NS
(2005.4)
CA  サンフランシスコから車で1時間ちょっとの所にある、のんびりとしたNational Seashoreだ。多くは牧場になっているのだが、無数のトレイル、バックパッキングキャンプ場が多数あり、週末の気軽なキャンプにいい所だ。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬場は風も強いので、相当覚悟がいると思う。
(2)場所 Point Reyesは抑えておきたい所だが、その他のエリアも是非行っておきたい所だ。また、トレイルも出来れば歩いてみたい。湿度もあるので、いい森林浴が出来るであろう。
(3)宿泊 園内には車で乗り入れられるキャンプ場は無いという、珍しいNP施設だ。その代わり、多くのバックパッキングキャンプ場がある。許可をとってから宿泊しよう。園外にはいくつかB&Bなどもある。
(4)食事 園内および周辺にはスーパーは無い。Sausalitoには、大き目のスーパーがあるので、ここで買出しは可能だ。またちょっとしたレストランならば、Stinson Beach等にもある。
(5)ハイキング 園内には多くの魅力的なトレイルがある。その一つでもいいから歩いてみよう。
(6)サイクリング ロードは舗装路を、マウンテンは未舗装路を走るといいだろう。多くのサイクリストをみかけた。
(7)朝日、夕日 壮大な景色を眺めることが出来るであろう。
(8)スターウオッチング 夏は霧が発生しやすいので、難しいかもしれない。
(9)動物 海岸線には多くのあざらしなどを観察できるであろう。また鯨も見ることが出来るそうだ。
63
Muir Woods NM
(2005.4)
CA サンフランシスコから車で30分の所にある、市民公園といった趣のNational Monumentだ。CA北部には、この辺りの海岸線を埋め尽くしていたRed Woodを対象としたNational Parkがあるが、それとは比較にならないくらい小さいながら、巨大なRed Woodを眺められるNMである。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。
(2)場所 Visitor Cneter周辺がポイントになるであろう。しかし、Panoramic Highwayをドライブするのも楽しいであろう。
(3)宿泊 SFOからすぐなので、市内に宿泊するといいだろう。
(4)食事 園内および周辺にはスーパーは無い。Sausalitoには、大き目のスーパーがあるので、ここで買出しは可能だ。またちょっとしたファーストフードならば、園内にもある。
(5)ハイキング 園内には多くの魅力的なトレイルがある。その一つでもいいから歩いてみよう。
(6)サイクリング ゴールデンゲートブリッジ周辺を含めて、多くのサイクリングコースがある。
(7)朝日、夕日 園内はあまり望めないが、山の上・海岸線は素晴らしいであろう。
64
San Francisco Area
(2005.4)
CA San Francisco周辺には、National Park Serviceの管理する施設が、Golden Gate Bridge, Fort Manson, Alcatraz等を含めてたくさんある。NRAとして指定されている。一つ一つは規模は小さいながら、総合的には広いエリアに散在するので、見学には時間がかかるであろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。
(2)場所 Golden Gate Bridgeは是非歩いて、またはサイクリングで渡ってほしい。
(3)宿泊 SFOからすぐなので、市内に宿泊するといいだろう。
(4)食事 フィシャーマンズワーフでお食事しよう。
(5)ハイキング 自然の中を歩くものは無いが、ブリッジを歩く人は多い。
(6)サイクリング ゴールデンゲートブリッジ周辺を含めて、多くのサイクリングコースがある。
(7)朝日、夕日 いろいろな場所の海岸線で望めるであろう。
65


Minute Man NHP

(2005.4)

MA  普通のBoston観光に飽きた人にはお勧めのスポットであると言えよう。アメリカ独立戦争の火蓋が切って落とされた場所であり、アメリカ史に興味がある人にとっては、避けて通れない場所であろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。ただ、冬場はイベントが少ないようだ。
(2)場所 まずはNorth BridgeにあるVisitor Centerを訪れて情報収集をしよう。園内のいろいろな場所で催しが開かれているはずだ。
(3)宿泊 Bostonからすぐだが、ここを目的とするならば郊外に宿泊した方が経済的であろう。
(4)食事 Concordの街中にある。
(5)ハイキング・サイクリング 昔の街道筋が保存されており、マウンテンバイクでも楽しむことが出来るであろう。
66


Lowell NHP
(2005.4)

MA  アメリカ繊維産業における産業革命期に、重要な役割を果たしたのがLowellである。ここには川の落差を利用した水車が作られ、それを動力に多くの工場が建設されたのだ。アメリカ産業史に興味があるならば、立ち寄るといいだろう。南北戦争までの北部の工業を支えた土地である。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だが、町を知る上では運河はおさえておきたいので、運河船の運行している5-10月がいいだろう。4月に訪れたが、少しさびれた感じがした。
(2)場所 歴史の勉強なので、散策もいいがレンジャーツアーに参加するといいだろう。Mill and Canal Tourがお勧めだ。
(3)宿泊 Bostonからすぐだが、ここを目的とするならば郊外に宿泊した方が経済的であろう。
(4)食事 街中にたくさんある。石畳の感じのいい町だ。
67


Saugus Iron Works NHS
(2005.4)

MA   ここも普通のBoston観光に飽きた人にお勧めのポイントだ。アメリカで最初に製鉄が行われた場所であり、その歴史は1640年代に遡るという。その後の西部(Pittsberg, Youngstown等)への製鉄の広がりを予習しておけば、展示も更に興味深いものとなろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。
(2)場所 小さなNHSだ。見学には1時間半もあれば十分であろう。
(3)宿泊 Bostonからすぐだが、ここを目的とするならば郊外に宿泊した方が経済的であろう。ただ、US-1でBoston市内に入る時は$3とられる。
68


Salem Maritime NHS
(2005.4)

MA  アメリカ(独立前)の初期大航海時代を支えたのが、その当時の最大の貿易港・Salemである。ここを拠点とする航海路は、喜望峰を超えて長崎にまで及んでいたそうだ。この貿易に関連した美術館巡りと、17世紀の終わりにこの地に暗い影を落とした『魔女狩り』に関連した見学を組み合わせれば、一日あっても不十分であろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。
(2)場所 East India Marine Hallは是非訪れたい所だ。またマニアックだが、魔女関連施設を回るのもいいだろう。
(3)宿泊 市内・周辺にいくつかある。
(4)食事 いくつかレストランはある。
69
Fort Necessity NB
(2005.5)
PA  ここの歴史はアメリカ独立戦争前の18世紀中頃にまでさかのぼる。英仏が大陸での覇権を争っていた時、西に進出したいイギリス軍がCumberlandから西に道を作って、このmeadowに砦を作ったのだ。ここでの戦いにワシントンも参加しており、結局戦いはイギリス側の敗戦に終わるのだが、これをきっかけに独立戦争への下準備がされていったといっても過言ではなかろう。
 ここのもう一つの特徴の一つは、その後この初期の道路に沿うように作られたNational Road『US-40』の展示も行っている点だ。ある程度予習をしてから行かれることをお勧めする。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。
(2)場所 ここだけを訪れるのではなく、Falling RiverやCumberland, Pittsbergなどとセットで回るといいだろう。
70
Monocacy NB (2005.6)
MD  南北戦争の中で、Monocacyでの戦いはあまり有名ではなかろう。しかし戦争終盤(1864.7.9)におけるこの戦いは、Washington DCを戦火から守った戦いとして重要な戦いの一つとして数えられている。南軍15000に対して、北軍5800が守るという構図で、北軍1300・南軍900の死者であった。(南北戦争の歴史は、北軍の目で評価されていることが殆どである。)

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。
(2)場所 小さい展示なので、ここだけを訪れるのではなく、他の戦跡も訪れるといいだろう。ただ、戦争マニアとしては、その地形の勉強にはなるであろう。
71
Antietam NB (2005.6)
MD  泥沼化する南北戦争の中で、北軍は海上封鎖で主導権を握る。一方の南軍は、戦局打開のために首都ワシントンを攻略しようとする。そして1862年9月17日に、ここAntietamで北軍8万・南軍5万が激突することとなる。戦いは血で血を洗うような激戦で、両軍の死傷者はそれぞれ1万を越えるものであり、引き分けに終わるのだが、補給の難しい南軍にとっては、今後の戦略に大打撃を与える結果であった。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。
(2)場所 周辺にはいろいろな戦跡があるので、これも一緒に回るといいだろう。時間があれば、GettisburgからRitchmondという激戦地も訪れるといいだろう。
(3)宿泊 周辺にいくつかある。
(4)食事 いくつかレストランはある。
72


Wright Brothers NM
(2005.8)

Wright Brothers NM
(2011.8)

Wright Brothers NM
(2015.6)

NC

 アメリカの偉大な発明家・ライト兄弟の初飛行の地である『Kitty Hawk』には、その業績を称えたMonumentが立つ。Ohio州Daytonにある自転車屋さんを含めて訪問すると、いいだろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。特に12/17には毎年イベントが開かれるようだ。
(2)場所 ここまで来たら、この南にあるCape Hatteras NSに行ったり、Norfolkにも立ち寄りたいものだ。近くのJockey's Ridge State Parkは、砂丘を自由に歩くことが出来るお勧めのスポットだ。
(3)宿泊 周辺にいくつかある。
(4)食事 いくつかレストランはある。

73


Fort Raleigh NHS
(2005.8)

Fort Raleigh NHS
(2011.8)

NC
 1587年に開かれたイギリス最初の植民地がここである。しかし残念ながら110人の住民は、厳しい生活に生き残ることが出来ず、3年後に訪れた時には、誰も残っていなかったという。アメリカの原点とでもいうべき所であり、少し離れるが、Colonial NHPと一緒に回るといいだろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。
(2)場所 I-95からも遠いので、ここまで来たらこの南にあるCape Hatteras NSなどにも立ち寄るといいだろう。
(3)宿泊 周辺にいくつかある。
(4)食事 いくつかレストランはある。
74


Cape Hatteras NS
(2005.8)

Cape Hatteras NS
(2011.8)


Cape Hatteras NS
(2015.6)

NC
 NC海岸部には、長大な砂州が伸びていて、それらは橋やフェリーで結ばれている。MD,VAのAssateague Island NSとは異なり、砂州の幅が非常に狭いので気軽に大西洋の荒波を感じ取れることであろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だが、出来れば泳げる季節に訪れたいものだ。
(2)場所 非常に長い砂州だが、いろいろドライブするといいだろう。Cape Hatteras Lighthouseは、是非訪れるようにしよう。(午後は混雑する。)
(3)宿泊 園内にはコンドミニマムがたくさんあるので、ここでゆっくりするのもいいだろう。Cape Hatteras Lighthouse近くには、モーテルも数軒ある。キャンプ場もいくつかあるが、冬場は閉鎖される。
(4)食事 スーパーは園内にもいくつかあるが、やや高め。レストラン等も、随所にある。
(5)ハイキング 砂州を自由に歩いてみよう。ブッシュ帯を歩く時は、蚊に注意しよう。
(6)サイクリング 延々と直線道路をこぐことが出来る。
(7)朝日、夕日 南北に走る砂州なので、どこにいても美しい朝日・夕陽を望むことが出来る。
(8)スターウオッチング 素晴らしい星空を見ることが出来る。
75

Colonial NHP (2005.8)
VA
 1607年に、アメリカで最初に成功した植民地であるJamestownと、アメリカ独立戦争に幕を下ろしたYorktownを対象としたNHPで、この2つの町の間を、美しいClonial Parkwayが結んでいる。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。
(2)場所 Yorktownには古い建築物がたくさんあるので、これを歩いて回るといいだろう。また、周辺にはアメリカの歴史上、重要だった都市・建築物・博物館が多く、気の向くままに何日でも時間を費やすことが出来るであろう。
(3)宿泊 周辺にいくつかある。
(4)食事 いくつかレストランはある。
76
Sagamore Hill NHP
(2005.11)
NY

 マッキンリー大統領の暗殺のために、大統領選挙を経ずに若くして大統領となったTheodore Rosevelt (TR)は、アメリカの偉大な大統領の一人に数えられる。個性的で、National Parkの父としても知られている。ここは、TR大統領の夏の別荘を保存したものである。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だ。
(2)場所 New Yorkからはレンタカーがいいだろう。なるほどここが、都会の喧騒を忘れた避暑地であることを、肌で感じ取れるだろう。そして、必ず別荘内を見学するツアーに参加しよう。
(3)宿泊 NY周辺にいくつかあるが、マンハッタンまで戻ると非常に高い

(4)ハイキング 海まで散歩することが出来る。

77
Fire Island NS (2005.11)
NY  大都会New Yorkの郊外に、これほどまでに広大なNational Seashoreがあることを知っている人は、少ないのではないだろうか。大都会の喧騒を忘れさせてくれる、のんびりと出来る場所である。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だが、夏の海水浴シーズンは渋滞する。
(2)場所 New Yorkからはレンタカーがいいだろう。便利なのは、Fire Island Lighthouseだろう。灯台には登ることも出来るが、混雑期は午前中がお勧め。長い島には、船でアクセス出来る海水浴場も多く、キャンプも可能な場所もある。
(3)宿泊 周辺にはいくつかありそう。

(4)ハイキング ショートトレイルがいくつかある。ダニを媒体とする風土病も多いので、肌の露出には気をつけよう。
(5)朝日、夕日 東西に走る砂州なので、どこにいても美しい朝日・夕陽を望むことが出来る。
78
Fort De Soto NM
(2005.12)


Fort De Soto NM
(2011.12)
FL

 FloridaはTampa Bayの入り口に位置するFort De Sotoは、スペインによって要塞が建てられたことに始まり、その後アメリカによっても重要な位置を占めた。見るべきものは少ないが、アメリカ一のここのビーチは、一見の価値あり。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だが、夏の海水浴シーズンは混雑する。またFloridaの夏は、非常に蚊が多い。
(2)宿泊 周辺には多くの宿泊施設がある。ここにあるCounty Parkのキャンプ場は、私のランキングも一位をつけるいいキャンプ場である。

(3)朝日、夕日 どこにいても美しい朝日・夕陽を望むことが出来る。

79
Fort Matanzas NM
(2005.12)
FL  古くはフランスとの戦いでフランス兵を皆殺しにしたことから付けられたMatanzasという名前であるが、イギリスとの戦争では、下のSan Marcos砦の裏城のような役目をした砦である。展示自体は少ないが、無料でボートに乗って対岸の砦に行けるので、時間があれば楽しめるであろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能。ただし、Floridaの夏は非常に蚊が多い。ボートの定員に限りがあるので、休日に訪れる時は時間に余裕を持って出かけたいところだ。San Marcosと一緒に回るといいだろう。
80
Castillo De San Marcos
NM (2005.12)
FL  Floridaが、スペインの統治下にあったことを強烈に印象付けられる町、それがゴルフのMastersでも知られているSt. Augustinだ。イギリスとの戦いを防いだSan Marcos砦にはいろいろと展示も多く、いい勉強になるであろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能。ただし、Floridaの夏は非常に蚊が多い。大砲の模擬射撃があるので、時間をチェックしておこう。
(2)宿泊 周辺には多くの宿泊施設がある。

(3)食事 市内はちょっとした明治村のようになっている。おいしいスペイン料理がたくさんあるが、混雑時は予約必須。
81
National First Ladies
NHS (2005.12)
OH  第25代アメリカ大統領マッキンレーの家である。奥さんはCantonの銀行のお嬢様だったのと、大統領自身の仕事は大きなものは無く、暗殺されてしまったため、First Ladiesの方に焦点がいっている。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だが、日曜日の見学は夏しかやっていない。要チェック。
82
Indiana Dunes NL
(2006.6)


Indiana Dunes NL
(2007.6)
IN  Lake Michiganの南端にあるこのIndiana Dunceは、一時National Parkに格上げする話もあったのだが、残念ながら工業開発などでその保護を受けれなかった地域である。北風により砂丘が形成されており、砂山に登るのもいいだろう。その昔は、五大湖からミシシッピ川流域へのPortage routeであった所だ。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だろうが、やはり夏季の訪問が気持ちいいいだろう。ただし、公園のど真ん中に工業地帯があるので、あまり期待しない方がいいだろう。
(2)場所 一番のポイントは、State Parkとして保存されている。こちらも訪れるようにしよう。一番砂丘らしさが残っているのは、West Beach周辺である。
83
Pictured Rock NL
(2006.6)
MI  Upper Michiganは、今でも熊が生息する大自然豊かな地域である。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬はスノーモービルの世界である。夏が無難だ。
(2)場所 東西に長いNLだが、それぞれにポイントはある。未舗装道路なので移動は大変だが、大自然を堪能することが出来るであろう。6月以降は蚊がうるさいので、しっかりと用意しておこう。
(3)宿泊 あまり宿泊施設は見受けられなかった。テントがメジャーな手段であるようだ。
(4)食事 Munisingならば買出しや食事も可能であろうが、その他の地域では難しいであろう。
(5)ハイキング 湖沿いのトレイルを歩いてみよう。美しい風景が広がることであろう。
(6)サイクリング ちょっと不向きな公園であろうか。
(7)朝日、夕日 夏は緯度が高いので、両方を見ることが出来るであろう。
(8)スターウオッチング 素晴らしい星空を見ることが出来る。
84
Kenai Fjords NP
(2006.8)


Kenai Fjords NP
(2014.6)
AL  広い広いKenai Fjordsであるが、その殆どがアクセスが難しい氷河と入江からなっている。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
6月から9月の夏のシーズンがいいだろう。6月−7月は白夜であるのに対して、8月中旬以降はオーロラを観測することが出来る。
(2)場所 海からの氷河クルーズ、そして唯一の一般登山ルートがあるExit Glacier周辺を訪れるといいだろう。
(3)宿泊 アラスカの特徴として、ホテルは夏季の値段が極端に高いことである。そのため、キャンピングカーも一つの選択肢になろう。一般的にプライベートのキャンプ場は便利ではあるが狭く騒々しいのに対して、州のキャンプ場は不便だが広くて静かなのが特徴だ。
(4)食事 Sewardには大きなスーパーもある。
(5)ハイキング Harding Icefieldを眺めるハイキングコースは、初心者でも簡単に登れることが出来るだろう。超お勧めコースである。
(6)サイクリング Sewardでレンタルサイクルを借りて、Exit Glacierまで走ることも可能であろう。
(7)朝日、夕日 Sewardは山に囲まれているので、美しい朝焼け・夕焼けは難しいであろう。
(8)スターウオッチング 6−7月は不可能である。ややSewardは町の光が明るすぎるかもしれない。
85
Denali NP
(2006.8)
AL  Denali NPは、全てのNational Parkのモデルにもなっている動物・自然を一番に考えた素晴らしいNPである。個人的には、全てのNational Parkの中でも一番の輝きを持っている所だと思う。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
6月から9月の夏のシーズンがいいだろう。6月−7月は白夜であるのに対して、8月中旬以降はオーロラを観測することが出来る。夏季に注意したいのが蚊である。スプレーとともに、頭部を覆うネットもWal Martで購入可能である。秋はブルーベリーが思う存分収穫できると共に、紅葉も楽しむことが出来る。ピークシーズンを過ぎると、値段が下がるとともに、混雑もかなり解消される。
(2)場所 公園入り口からシャトルバスで往復するのが一般的である。その他の地域をバックパッキングすることも可能だが、熊に対する対策はしっかりと立てなければいけない。
(3)宿泊 公園入り口には、多くのホテルが立ち並ぶ。公園内でのキャンピングを考えるならば、インターネットでの事前予約は必須だ。しかし、出来うることなれば、公園の中で宿泊したいものだ。Denaliの印象が全く違うものとなるだろう。
(4)食事 公園入り口では、食料の調達も可能ではあるが、かなり限られてくるだろう。あらかじめAnchorageなどで買出ししておくといいだろう。秋は予想外にブルーベリーが収穫できるので、ジャム詰め出来る瓶を用意しておくといいだろう。
(5)ハイキング 多くのハイキングトレイルがあるが、ベアーカントリーであるので、視界の利くツンドラ地帯の方が安全であろう。Polychrome周辺、Stony Hill周辺、Eielson周辺、Wonder Lake周辺がいいだろう。
(6)サイクリング 公園内の道路では可能であるが、砂利道である。
(7)朝日、夕日 日が沈む時期であれば、美しい朝焼け・夕焼けを見ることが出来るであろう。
(8)スターウオッチング 6−7月は不可能である。8月後半からは天の川と共に、オーロラを見ることが出来る。
86

Fort Sumter NM
(2006.11)
SC  アメリカ南北戦争開戦の地である。当時の面影は少なく、復元された施設が多いのだが、アメリカの歴史を学ぶ上では、勉強できることが多いであろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問することが出来る。

(2)場所 Charleston側および対岸のPatriot Pointに乗船所がある。後者は駐車場が無料である。
(3)宿泊 Charleston市内には、多くの宿泊施設があるであろう。
(4)食事 是非、名物の海産物を食べたいものだ。またショッピングも楽しむことが出来るであろう。
87
Congaree NP
(2006.11)
SC  2003年に新しくNational Parkに昇格した公園である。アメリカ西部の広大なNational Parkと比較してしまうと、かなり見劣りしてしまうが、開拓される以前のアメリカ東部を現世のままに残している貴重な公園である。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
湿地帯=蚊の発生地である。暑い季節は、かなりの対策が必要であろう。
(2)場所 Visitor Center周辺が一番便利だろう。
(3)宿泊 公園周辺には何も無いが、Free way近くにはたくさん存在する。
(4)食事 公園周辺には何も無いが、Free way近くにはたくさん存在する。
(5)ハイキング 初心者はVisitor Center周辺のBoard Walkへ、それ以外は湿地帯でもあり、カヌーするにしても経験が必要であろう。
88
Hampton NHS
(2007.5)
MD  MDにあり、18世紀末から19世紀始めに発展したFamilyのまつわるものを展示している。

楽しみ方のコツ
 やや小粒なNHSなので、周辺の観光と組み合わせたり、休息がてらに立ち寄るといいだろう。
89


Sleeping Bear NL
(2007.5)


Sleeping Bear NL
(2008.8)


Sleeping Bear NL
(2009.5)

MI  Lake Michiganからの風によって形成された砂丘地帯である。ハイキング、カヤック、ドライブ、サイクリング、博物館、、、いろいろな楽しみ方の出来る公園である。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
夏のハイシーズンは、水遊びにはいいだろうが、相当混雑するであろう。また、Michigan北部は蚊が多いことも覚えていなければいけない。春および秋がゆっくり出来るのではないだろうか。
(2)場所 時間に余裕があれば、フェリーで島に渡るのもいいだろう。
(3)宿泊 公園周囲にはモーテルなども多いが、自然豊かなMichiganの自然を感じ取るために、キャンプが一般的である。
(4)食事 Glen Arborには小さな生鮮食料スーパーがあるので、買出しには困らないであろう。
(5)ハイキング いくつもハイキングトレイルがあるが、まずはDune Climbは訪れよう。また、Empire Bluff Trailもお勧めだ。
(6)サイクリング 公園内にはサイクリング道は無いが、ブランチラインではのんびり自転車を楽しむことが出来るであろう。
(7)カヤッキング Platte Riverでのカヤック・チュービングは、この公園の目玉である。MI-22の橋のたもとに、レンタルサービスがある。
(8)朝日、夕日 Lake Michiganに沈む夕陽を観察しよう。
(9)スターウオッチング 周囲には大きな都市が無いので、空が晴れれば相当期待できるであろう。
90
Saint-Gaudens NHS
(2007.5)
NH  芸術家であるSaint-GaudensのアトリエをNHSとして保存している。彼の作品などが展示されており、やや通常のNHS等とは趣を異にする。

楽しみ方のコツ
 やや小粒なNHSなので、周辺の観光と組み合わせたり、休息がてらに立ち寄るといいだろう。
91
Fort Stanwix NM
(2007.5)
NY  Indianの時代からのPortage Areaに作られた、交通・戦略上の拠点である。ここでイギリス軍とフランス軍との間で戦争が行われた。

楽しみ方のコツ
 やや小粒なNMなので、周辺の観光と組み合わせたり、休息がてらに立ち寄るといいだろう。予習をすることをお勧めする。
92
Women's Rights NHS
(2007.5)
NY  New York州北部のSeneca Fallsにある、アメリカで初めて女性人権運動が行われたことを記念して立てられた施設だ。

楽しみ方のコツ
 やや小粒なNHSなので、周辺の観光と組み合わせたり、休息がてらに立ち寄るといいだろう。
93

Rocky Mountain NP
(2007.6)


Rocky Mountain NP
(2013.6)
CO  かなり手が加えられているが、そこから自然保護の観点から制定された、初期のアメリカ国立公園である。アクセスもいいので多くの人が訪れている。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
5月から10月の夏のシーズンがいいだろう。夏季に注意したいのは、湖周辺の蚊であるが、総じて少ない。初夏は、雪がハイキング道を覆っていることであろう。また秋は思いのほか冬の訪れが早く、積雪のために道が閉鎖されてしまうこともある。夏季の混雑期は、シャトルバスが運行される。
(2)場所 Estes Parkに近いBear Lake周辺、Alpine Ridge付近が人気が高い。
(3)宿泊 Estes Parkがアクセスがいいが、値段も高くなる。園内のキャンプ場は、シャワーが無いのが欠点だ。Estes Parkにシャワー・ランドリーはある。
(4)食事 Estes Parkに大きなスーパーがある。
(5)ハイキング 多くのハイキングトレイルがある。うまくシャトルバスなどの交通機関を使えば、楽なハイキングコースを設定することが出来る。
(6)サイクリング かなり盛んであるが、高度も高いので、実力が求められる。下りだけを楽しむツアーもある。
(7)朝日、夕日 美しい朝焼け・夕焼けを見ることが出来るであろう。
(8)スターウオッチング ややDenverの光が届いて、全くの暗黒ではない。公園の西側ならば、光も少ないであろう。
(9)温泉  公園の西側であれば、Hot Sulphur Springsがある。
94

Curecanti NRA
(2007.6)
CO  国家の灌漑計画で作られたダム湖である。もともとは少雨の砂漠地帯であるがために、景色のいい砂漠のオアシス的なリゾート地帯となっている。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
5月から10月の夏のシーズンがいいだろう。冬は厳しい。
(2)場所 Elk Creek周辺が中心だ。
(3)宿泊 Gunnisonにある。周囲には少ない。
(4)食事 町に出なければ不可。
(5)ハイキング 湖を眺めるならばDillon Pinacles、渓谷を見るならばCrecanti Creek Trailまたはボートツアーが良い。
(6)サイクリング 周囲はかなりいいコースがあるが、脚力が要求される。夏ならばかなりの水も用意しなければいけない。
(7)朝日、夕日 美しい朝焼け・夕焼けを見ることが出来るであろう。
(8)温泉 Ourayには大きな温泉プールがある。
95

Black Canyon of the
Gunnison NP (2007.6)
CO  その急峻さのために、開発を免れた大渓谷である。その高度間はすさまじい。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬は厳しいであろう。
(2)場所 要所要所に展望台があり、それを巡るようになっている。Painted Wallには是非立ち止まりたいものだ。
(3)宿泊 町に下りなければ、周囲にはない。
(4)食事 町に出なければ不可。
(5)ハイキング 残念ながら、ロングトレイルは無い。
(6)サイクリング 周囲はかなりいいコースがあるが、脚力が要求される。夏ならばかなりの水も用意しなければいけない。
(7)朝日、夕日 美しい朝焼け・夕焼けを見ることが出来るであろう。
(8)温泉 Ourayには大きな温泉プールがある。
96

Mesa Verde NP
(2007.6)
CO  世界遺産にも指定されているアメリカ先住民の遺跡である。崖下に作られているため、保存状態は極めて良好だ。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
年中オープンしているが、冬は主要なツアーが閉鎖されている。
(2)場所 Chapin Mesa周辺が人気のエリアだが、Wetherillにも見所はある。
(3)宿泊 Fair ViewにはLodgeがある。それ以外は、公園入り口に近いキャンプ場を除けば、公園外に出なければいけない。
(4)食事 Cortez, Durangoに大きなスーパーがある。レストランはFar View, Chapin Mesaにある。
(5)ハイキング いくつかのトレイルはあるが、夏は暑い。
(6)サイクリング 道路の舗装状況が悪いので、敬遠されているようだ。
(7)朝日、夕日 美しい朝焼け・夕焼けを見ることが出来るであろう。
(8)スターウオッチング 静かでゆっくりと楽しむことが出来る。
(9)温泉 Cortez, Durango周辺にある。
97

Great Sand Dunes NP
(2007.6)
CO

 その全てが、侵食と山を越えて飛んできた砂で出来た砂丘である。3つの分水嶺が交わるこの地形にその理由がある。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
年中オープンしているが、水遊びの出来る5,6月が人気のシーズンだ。
(2)場所 Visitor Center周辺が観光の中心だ。
(3)宿泊 公園入り口に施設がある。
(4)食事 公園入り口に施設があるが、これ以外は平原だけである。
(5)ハイキング いくつかのトレイルはあるが、夏は暑い。砂丘登りをするならば、しっかりとした装備を用意しよう。砂の温度は50℃以上に上がるので、しっかりとした靴・水が必要だ。
(6)サイクリング MTBならば可能であろう。
(7)朝日、夕日 美しい夕焼けを見ることが出来るであろう。
(8)スターウオッチング 静かでゆっくりと楽しむことが出来る(と思う)。
(9)温泉 実は周囲には多くの温泉がわき上がっている。

98

Florissant Fossil Beds
NM (2007.6)
CO  その昔、巨大な木がこの辺りを覆っていたことを示す木の根っこが、化石となって残っているエリアである。掘り返したならばいくらでも出てくるのであろうが、それを保護する目的で作られたNMである。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
年中オープンしている。
(2)場所 Visitor Center周辺が観光の中心だ。金鉱で有名なCripple Creekも訪れるといいだろう。
(3)宿泊 国道に出ればいくつか施設はある。
(4)ハイキング いくつかのショートトレイルはある。是非化石となった木を見に行こう。
(5)サイクリング やや道幅が狭いので、サイクリングにはやや不向きである。
 
99
New Orleans Jazz NHS
(2007.12)
LO

 ハリケーン・カトリーナの傷跡残るNew Orleansであるが、Jazzファンならずとも一度は訪れてみたいものだ。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
夏はやや過ごしにくいか。また台風シーズンも要注意だ。
(2)場所 まずはMarket placeにあるVisitor centerを訪れるようにしよう。ここで無料コンサートも数多く企画されているので、事前にチェックするようにしよう。そして、必ずPreservation Hallは訪れるようにしよう。French Quarter以外を訪れる際は、十分すぎる注意が必要だ。
(3)宿泊 治安を考慮した場合、French Quarter内が無難であろう。
(4)食事 French Quarter内が無難であろう。学会ハイシーズンならば、人気レストランでは予約も必要となろう。

100
Jean Lafitte NHP and
PRES (2007.12)
LO  自然保護も目的としながら、米英戦争や文化の紹介などもしている多彩な施設である。合計6つのユニットがあるので、事前調査が必要となろう。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
蚊の出る季節は避けたいところだ。
(2)場所 Baratariaの湿地帯を歩くトレイルは、この地域の自然を知る上でお勧めである。民間のスワンプツアーに参加するのもいいが、やや騒々しいか。
(3)宿泊 New Orleans市街・French Quarter内がいいだろう。
(4)食事 お昼ならば、市外にもいろいろとレストランはあるが、夜間は十分な注意が必要だ。New Orleans市街・French Quarter内が無難だろう。
(5)ハイキング Baratariaを訪れるといいだろう。
101
Gulf Islands NS
(2007.12)
FL
MS
 メキシコ湾沿いに長く伸びる、美しい海岸線である。観光開発されている海岸が多い中で、多くの自然が残されているのがこのNational Seashoreである。ハリケーン・カトリーナの傷跡が残っているが、美しい自然はそのままである。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
冬季は人影もまばらだが、外で遊ぶにはには少し寒すぎるであろう。一方、夏場はホテルなどの宿泊料も高騰する。
(2)場所 Mississppi州のユニットへは、船で渡ることになる。20km近く本土からは離れるので、落ち着いた雰囲気を味わうことが出来るであろう。Florida州のユニットへは、車で行くことが出来る。Pensacola周辺は、海軍基地などもあることから、やや喧騒感があるであろう。
(3)宿泊 本土の海岸沿いには、多くの宿泊施設が並び、夏場は宿泊料金が高騰する。テントを背負っての宿泊が、一つの選択肢となろう。オートキャンプをする場合は、FloridaまたはAlabamaのState Parkに宿泊するといいだろう。
(4)食事 観光地だけにレストランには事欠かないが、カトリーナの影響で多くの海岸沿いの施設が被害を受けている。
(5)ハイキング 砂洲・海岸をのんびり歩いてみるといいだろう。
(6)サイクリング Fort Pickensまでの道は、美しいサイクリング道路である。
(7)朝日、夕日 美しい夕焼けを見ることが出来るであろう。
(8)スターウオッチング 静かでゆっくりと楽しむことが出来ると思うが、やや町の明かりが強烈か。
102
Glen Canyon NRA
(2008.3)
AZ
UT

 Colorado Riverをせき止めて、大きなLake Powellがあるが、ここはNational Recretional Areaとして、自然保護がなされている。砂漠の中のオアシスといった雰囲気で、のんびり過ごすにはいい所である。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
冬季は観光地も限られるし、やはり春から秋がシーズンとなろう。
(2)場所 観光の中心はPageである。そしてその中でもGlen Damが要となろう。しかし湖全体がNRAに指定されており、広大な湖で気ままにHouseboatなどで遊ぶことが出来るであろう。Rainbow Bridgeは人気の観光地である。またNRA外にはなるのだが、Antelope Canyonも訪れておきたい場所だ。
(3)宿泊 ホテルなどはPageにしか無いだろう。しかしキャンプ場には事欠かないし、Houseboatという手もある。
(4)食事 PageにはFood付のWal Martがある。レストランなどもある。
(5)ハイキング いくつかColorado Riverを感じ取れるトレールがある。
(6)ウオータースポーツ 湖内で存分に楽しめるが、Colorado Riverを下るというツアーも人気が高い。
(7)朝日、夕日 美しい朝焼け夕焼けを見ることが出来るが、日中の日差しは非常に厳しい。
(8)スターウオッチング 静かにゆっくりと楽しむことが出来る。
 
103
Death Valley NP
(2008.3)
CA
NV
 日本の長野県と同じ面積を持つこのNational Parkは、"砂漠"というイメージだけでは無い多くの顔を持つNPである。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
ベストシーズンは秋から春まで。実はクリスマスなどは非常に人気が高い。夏季は殺人的な暑さになるため、もし訪れるならば十分注意していきたい。
(2)場所 海抜0m以下の場所から、標高3000m以上の山まである。その時期に合わせて、うまく気温の過ごしやすい場所を訪れるといいだろう。また4WDがあれば、隠れたハイキングトレイルなどもアプローチしやすいだろう。
(3)宿泊 園内には宿泊施設もあるが、予約はした方が無難だろう。虫も少ないので、是非キャンプをお勧めする。
(4)食事 簡単な食事は園内でもとることが出来る。
(5)ハイキング 山・谷・泉を訪れる無数のトレイルがある。また下草が少ないので、トレイルの無い所を気ままに歩くことも可能である。
(6)朝日、夕日 美しい朝焼け夕焼けを見ることが出来るが、日中の日差しは非常に厳しい。
(7)スターウオッチング 周囲に大きな町が無いために、素晴らしい星空を楽しむことが出来るであろう。
 
104
Martin Luther
King Jr. NHS
(2008.11)
GA  あまり人気の無いNHSではあるが、アメリカの歴史を知る上では、決して避けては通れないものである。

楽しみ方のコツ
 
特にベストシーズンは無いが、夏場は暑いであろう。また生家を見学するのであれば、午前中早めに到着しよう。Atlantaの他の観光施設と組み合わせて見学するといいだろう。ややダウンタウンの治安は悪いので、夜間などは要注意だ。
105
Hot Springs NP
(2010.3)


Hot Springs NP
(2011.3)
AR 楽しみ方のコツ
(1)季節 
夏季は暑いので、温泉気分を味わうのなら、冬場に訪れるのがいいか。
(2)場所 小さいNational Parkなので、訪れるところは限られてくるであろう。
(3)宿泊 周辺にはいくつもホテルなどがある。公園の東側には、キャンプ場もある。
(4)食事 レストランはいろいろある。
(5)ハイキング Bath Houase上のトレイルや、展望台に向かうトレイルがいいだろう。
(6)その他 温泉水が無料でくめるので、大きな容器を持っていくといいだろう。
106
Apostle Islands NL
(2010.6)

WI  ミネアポリスから3時間弱の距離にある、湖とその中の小島を楽しめる場所である。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
春も遅く秋も早い高緯度地方にある。冬の厳しさは、相当のものだ。
(2)場所 主にLake Superiorに浮かぶ小島が対象となる。小島へのフェリーサービスもある。また、小島を巡る観光船も出航している。通いなれた人なら、カヤックで好みの海岸に上陸してキャンプすることも出来る。
(3)宿泊 B&Bなどの小さな施設はたくさんある。
(4)食事 レストランなどもあるが、相当な田舎なので場所は限られてくる。
(5)ハイキング あまりいトレイルは無い。
(6)カヤッキング ベースキャンプを設けて、小島を巡るのがいいだろう。ただし五大湖特有の寄生虫の混じた湖水なので、ろ過ポンプは必携である。
(7)朝日、夕日 美しい夕焼けを見ることが出来るであろう。
(8)スターウオッチング 静かでゆっくりと楽しむことが出来る(と思う)。
107
Guilford Courthouse
NMP (2011.3)
NC  アメリカ独立戦争において、兵站の伸びたイギリス軍に対して、苦戦を強いらせた戦いである。

楽しみ方のコツ
 
小さなNMPなので、見学はすぐに終わるであろう。ビジターセンターでビデオ鑑賞した後、実際に戦場を歩いてみるといいだろう。ある程度の予習があるといいだろう。
108
Chickamauga and
Chattanooga NMP
(2011.3)
GA
TN
 アメリカ南北戦争において、北軍が深南部に侵攻する拠点となった激戦地である。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
四季を通じて見学できるが、他のアトラクションのことも考えると、やはり夏のシーズンがいいだろう。
(2)場所 いろいろな場所に見学するべき施設があるので、しっかりとした予定を立てておこう。
(3)宿泊 Chattanooga市内には、多くの宿泊施設がある。
(4)食事 レストランなども多い。
(5)ハイキング Lookout Mountain周辺には、多くのトレイルがある。
109
Natchez Trace Parkway
(2011.3)

TN
MS
 その昔の、NashvilleからNatchezへ伸びた街道を整備したドライブウェイである。南部の香り豊かな、アメリカ深南部を貫く道である。

楽しみ方のコツ
(1)
場所 Nashville, Vicksbeurg, Nutchezを巡る旅となろう。
(2)食事 南部料理にはチャレンジしたいものだ。
110
North Cascades NP
(2013.6)
WA  1968年に設立された、比較的新しい国立公園だ。氷河が多く残る高山が多いが、昨今の地球温暖化で、その多くは消失の危機にある。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
ベストシーズンは6月から9月まで。冬はややアプローチが困難になる。夏季は蚊に注意しなければいけない。
(2)場所 人気はCascade Passだが、その他いろいろとトレイルはある。うまくこれらをつなぎ合わせて、バックパッキングするといいだろう。
(3)宿泊 園内にはキャンプ場ならびに、Ross Lake Resortなる湖岸のリゾート施設がある。フェリーまたは歩いて行くことが出来る。東に抜けたWinthropにも、充実したリゾート施設が多い。
(4)食事 園内には無いが、リゾートホテル周辺まで行けば何とかなる。
(5)ハイキング 山・谷を訪れる無数のトレイルがある。氷河を目指すことも可能だが、これは上級偏である。
(6)朝日、夕日 美しい朝焼け夕焼けを見ることが出来るが、日中の日差しは非常に厳しい。
(7)スターウオッチング 周囲に大きな町が無いために、素晴らしい星空を楽しむことが出来るであろう。
  
111
Redwood NP
(2014.8)
CA  1968年に設立された比較的新しい国立公園で、国立公園と州立公園が混在してユニットを形成している。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
ベストシーズンは春から秋だが、冬もそれなりの趣はある。
(2)場所 Big Tree Wayside, Stout Groveは必ず訪れるとして、森の空気を吸いにこの他のトレイルにも立ち寄るといいだろう。Visitor Centerで許可をもらおう。
(3)宿泊 園内にはキャンプ場もあるし、Crescent Cityなどにも宿泊先は多い。
(4)食事 園内には無いが、町まで行けば何とかなる。
(5)ハイキング 森を巡るトレイル、海岸沿いを歩くトレイルなど、多く存在する。
(6)朝日、夕日 太平洋に沈む夕陽を眺めることが出来るだろう。
(7)スターウオッチング 周囲に大きな町が無いために、素晴らしい星空を楽しむことが出来るであろう。
  
112
Crater Lake NP
(2014.8)
OR  1902年に設立された五番目に古い国立公園で、アメリカで一番深い(592m)湖である。火山のカルデラ湖で、流出する河川は存在しない。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
積雪のために、園内に車で入れる時期は限られてくる。6-9月がシーズンである。
(2)場所 是非レンタカーを利用して、カルデラを一周するといいだろう。また地質学的に非常に珍しいPinaclesにも、立ち寄りたいところだ。湖でのクルーズに参加するのもいいだろう。
(3)宿泊 宿泊施設は、Crater Lake LodgeとMazama Villageにしか無い。非常に人気のある限られた宿泊先なので、しっかりと予約をしておきたい。
(4)食事 園内には食事をとる場所もあるが、非常に限られてくる。しっかりと町で買出しをしておくといいだろう。また予算に余裕があれば、Crater Lake Lodgeのレストランを利用するといいだろう。
(5)ハイキング 森を巡るトレイル、山に登るトレイル、滝へのトレイルなど、多くのトレイルがある。湖へ自分の足で下って、泳ぐということも出来る。
(6)朝日、夕日 多くのビューポイントがある。
(7)スターウオッチング 周囲に大きな町が無いために、素晴らしい星空を楽しむことが出来るであろう。
 
113
Lava Beds NM
(2014.8)
CA  1925年に設立されたNational Monumentで、一番最近では約1100年前に溶岩の流出があったそうだ。溶岩により形成された洞窟、トレイルなどが見所である。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
冬は積雪もあり冷え込むので、春から秋が訪問時期としていいだろう。
(2)場所 小さなMonumentなので、訪問する場所は限られるであろうが、Visitor Centerで情報収集の後にCave Loopを訪れるといいだろう。洞窟探検を主目的とするならば、ヘッドランプ・長袖・長ズボン・運動靴・帽子は必携であろう。
(3)宿泊 宿泊施設は、園内にキャンプ場があるだけである。
(4)食事 園外にしか施設は無い。
(5)ハイキング 景色がいいので、Schonchin Butteには登りたいものだ。
(6)朝日、夕日 Schonchin Butteを含めて、背の低い潅木地帯なので、色々な場所で見ることが出来るであろう。
(7)スターウオッチング 周囲に大きな町が無いが、やや北の町の明かりが気になるか。
 
114
Lassen Volcanic NP
(2014.8)
CA  1907年にNational Monumentに制定、1914年から1921年にまで噴火活動が見られ、1916年にNational Parkに制定された。比較的新しい火山活動エリアで、火山活動、トレイルを楽しむことの出来るエリアである。冬には山スキーを楽しむことも出来る。

楽しみ方のコツ

(1)季節 
積雪のために、園内に車で入れる時期は限られてくる。5-10月がシーズンである。
(2)場所 是非レンタカーを利用して、公園西側を訪れるとともに、公園北東にあるCinder Coneも訪れたいものだ。
(3)宿泊 Mazanita Lakeに大きなキャンプ場がある。またその他のエリアにも、小さな静寂を楽しめるキャンプ場が存在する。
(4)食事 園内には食事をとる場所は無いので、しっかりと用意しておこう。
(5)ハイキング 森を巡るトレイル、山に登るトレイル、溶岩を観察するトレイルなど、多くのトレイルがある。うまくループトレイルを計画するのもいいだろう。
(6)朝日、夕日 やや高い木もあるが、多くのビューポイントがある。
(7)スターウオッチング 大きな町からは遠いために、素晴らしい星空を楽しむことが出来るであろう。
 
115
Bandelier NM
(2015.5)
NM

 1916年にNational Monumentに制定された、歴史のあるエリアである。1150年から1600年頃に居住していた先住民の住居跡である。また、周囲の広大なエリアもNational Monumentに指定されている。New Mexicoの州都であるSanta Feからも近い。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通して訪れることが出来るが、冬場は積雪凍結のために、見学が限られるであろう。
(2)場所 他に交通機関が無いので、通常レンタカーを利用することになるが、Santa Feからのツアーもあるらしい。周辺は温泉地帯なので、そちらも合わせて訪れるといいだろう。
(3)宿泊 公園内部にはキャンプ場があるが、それ以外では麓のモーテルなどになろう。
(4)食事 園内には食事をとる場所は無いので、しっかりと用意しておこう。
(5)ハイキング 多くのトレイルがあり、うまくループトレイルを計画するのもいいだろう。
(6)朝日、夕日 山の東側にあるので、朝日の観察にはいいだろう。
(7)スターウオッチング 大きな町からは遠いために、素晴らしい星空を楽しむことが出来るであろう。 

116
Natural Bridges NM
(2015.5)
UT  1908年にNational Monumentに制定、エリアは小さいが、3つのNatrural Bridgeおよびアメリカ先住民の住居跡が存在する。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
一年を通じて訪問可能だが、それぞれのBridgesに到達するトレイルは冬季凍結の際には閉鎖される。またスコールがある場合には、鉄砲水の危険があり非常に危険である。
(2)場所 かなり辺境の地にあるのだが、グランドサークルを回る際にうまく立ち寄るといいだろう。小さな公園だが、他では見られない景色・トレイルを楽しむことが出来る。周囲にはこの他にも州立公園などの見所もある。
(3)宿泊 園内にはキャンプ場があるのだが、人気が高いようだ。水やトイレが確保できるならば、州立公園などに宿泊するのもいいだろう。
(4)食事 園内には食事をとる場所は無いので、しっかりと用意しておこう。
(5)ハイキング 3つの橋をつなげるトレイルもある。時間があれば、それも楽しいであろう。
(6)朝日、夕日 やや高い木もあるが、多くのビューポイントがある。特に夕暮れ時のバレーのビューは最高であろう。
(7)スターウオッチング 大きな町からは遠いために、素晴らしい星空を楽しむことが出来るであろう。
 
117
Canyon de Chelly NM
(2015.5)
AZ  1931年にNational Monumentに制定された。全ての土地は先住民族のものであり、現在でも先住民族が生活を続けている、そして立ち入りが規制されている、非常に稀な公園である。基本的には崖上からの観察になるが、一本だけ谷底へ下るトレイルがある。またツアーに参加すれば、バレー内を四輪駆動車で回ることが出来る。訪れる前に、Navajoの悲しい歴史を勉強してから訪れるといいだろう。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
冬季は相当冷え込むので、それ以外がいいだろう。
(2)場所 時間が無い場合には、North Rimは割愛することになるだろう。主な見所はSouth Rimである。
(3)宿泊 Visitor Center近くにはキャンプ場がる。また、園の入り口にはモーテルなどもある。
(4)食事 園内には食事をとる場所は無いので、しっかりと用意しておこう。
(5)ハイキング 短いながらも、谷の大きさを感じ取れるいいトレイルがある。ここを訪れるならば、是非歩いてみよう。
(6)朝日、夕日 山の西側にあるので、夕陽の観察にはいいだろう。それとは別に、朝日夕日に照らされる渓谷を観察するにはいいだろう。
(7)スターウオッチング 周囲の町のあかりが気になるであろう。
 
118
Petrified Forest NP
(2015.5)

AZ  1906年にNational Monumentに制定、1962年にNational Parkに昇格された。公園には南北に通じる道路が横切っており、北部には削られた渓谷から、化石の森を作り出した地層を観察することが出来るであろう。また、先住民族の住居跡なども観察できる。南側には、ごろごろと横たわる化石のなった大木を観察することが出来る。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
積雪のために、冬はトレイルが閉鎖されることがある。
(2)場所 公園としては、それ程多くのトレイルがあるわけでは無いので、半日での訪問となろう。グランドサークルを訪れる際に、一緒に訪れるといいだろう。
(3)宿泊 園内に宿泊施設は無いので、周辺の町に宿泊することとなろう。
(4)食事 園内には食事をとる場所は無いので、しっかりと用意しておこう。
(5)ハイキング 車で移動しながら、それぞれのスポットで休息しながら、トレイルを歩くといいだろう。
(6)朝日、夕日 周辺に遮るものは全く無いので、多くのビューポイントがある。
(7)スターウオッチング 大きな町からは遠いために、素晴らしい星空を楽しむことが出来るであろう。
 
119


Cabrillo NM
(2008.5)

Cabrillo NM
(2015.10)

CA  San Diego市内から近距離にあるNational Monumentである。大自然を楽しめるわけではないが、気軽に訪れることの出来る展望スポットだ。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
年間を通して訪れることが出来る。
(2)場所 学会などが多く開かれるSan Diegoだが、時間の空いた時に素早く訪れてみたい展望スポットだ。タクシーでもいいが、レンタカーを使用してLa Jollaの海岸線も訪れるといいだろう。
(3)宿泊 ダウンタウンや飛行場周辺に多い。
(4)食事 園内にはない。
(5)ハイキング あるにはあるのだが、一方通行のものが多い。
(6)朝日、夕日 周辺に遮るものは全く無いので、多くのビューポイントがある。
 
120
Joshua Tree NP
(2008.5)
CA

 1994年にNational MonumentからNational Parkに昇格した、Los Angelsから車で1時間ちょっとの砂漠の中の公園である。岩登りで有名ではあるが、短いハイキングコースなどもある。

楽しみ方のコツ
(1)季節 
夏は高温の砂漠の公園になるので、しっかりと水分を用意しよう。
(2)場所 広大な公園だが、中心となるのは特徴的な岩場の多いHidden Valleyである。
(3)宿泊 園内にはいくつかのキャンプ場があるので、それを利用するといいだろう。しかし、シャワー施設などは無い。周辺には、少ないながらもモーテルがある。いっそ、Palm Springsの温泉施設で過ごすのもいいだろう。
(4)食事 園内には食事をとる場所は無いので、しっかりと用意しておこう。Yucca Valleyには、大きなスーパーがある。
(5)ハイキング 車で移動しながら、それぞれのスポットで休息しながら、トレイルを歩くといいだろう。Ryan Mountainは登っておきたい。
(6)朝日、夕日 周辺に遮るものは全く無いので、多くのビューポイントがある。
(7)スターウオッチング LAから近いので、あまりいい星空は望めないであろう。

121


Cuyahoga Valley NP
OH
 アメリカ西部の広大なNational Parkと比較してしまうと、かなり見劣りしてしまうが、NPの少ない中東部の中では、比較的綺麗で、自然の残っているエリアである。2000年にNPに昇格した。公園内には道路が縦横無尽にあり、民家も鉄道もあるのだが、Cleveland市民の憩いの場所となっている。

 園内の楽しみ方については、また別の項で詳しく述べたい。
122

Monument Valley
(2002.12)


Monument Valley
(2015.5)
UT
AZ
 ここは、Monument Valley Navajo Tribal Parkと呼ばれる所で、National Parkでは無い。しかし、National Parkに負けず劣らずの景観を楽しむことが出来るので、この項に加えさせていただいた。Grand Circleを巡るのであれば、是非立ち寄りたい所だ。

楽しみ方のコツ
(1)季節 四季を通じて楽しめる所である。しかし夏場は、相当気温の上昇がある。
(2)場所 Visitor Centerからの眺めも雄大ではあるが、是非Valleyからの風景を堪能してもらいたい。特にNorth Windowからの眺めは印象的であった。我々の行ったのは、冬の積雪の後であったが、逆に凍っていたので、路面状況は良かった。雨の後ならば、少し大変かもしれない。
(3)宿泊 絶景の中にホテルが新設された。かなり人気が高いので、かなり前から予約をしなければならないであろう。また、隣接してキャンプ場もある。テントサイトには、ピクニックテーブルが無いが、RVサイト(駐車場)にはテーブルがある。この他にも、国道沿いにモーテルなどがある。
(4)ハイキング 若干のトレイルはあるが、許可がいるらしい。
(5)朝日、夕日 やはり赤く染まるビュートは素晴らしいものだ。近くに宿泊施設がとれたならば、是非見に行って欲しいものだ。
123
Meteor Crater
(2002.12)


Meteor Crater
(2012.4)
AZ  ここも、National Landmarkであって、National Park Serviceが管理している場所ではない。しかし、近くを通ることがあれば、少し入場料は高めではあるが、絶対に他では見れない景色なので、見学する価値はあると思う。

楽しみ方のコツ
(1)時間 夏の間は6-18時、その他は8-17時なので、うまく時間を調整して見学するようにしたい。クレーターのエッジ、展示見学で、1時間あれば十分であろうか。


HOME